ホーム | ブラジル国内ニュース | 10月に日本と戦うブラジル五輪代表発表=レアルからロドリゴもメンバー入り

10月に日本と戦うブラジル五輪代表発表=レアルからロドリゴもメンバー入り

ロドリゴの五輪代表選出を伝えるCBFのツイッターアカウント(@CBF_futebol)

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は20日、10月の親善試合に挑むブラジル五輪代表のメンバー23人を発表した。
 今月もコロンビア、チリの五輪代表と戦い、2連勝を飾ったブラジル五輪代表は、10月10日にベネズエラ五輪代表、14日には日本五輪代表と戦う。開催地はブラジル北東部のレシフェで、1戦目の会場はアフリートス・スタジアムでブラジリア時間の21時30分開始、2戦目はアレーナ・ペルナンブッコで同18時開始だ。
 ブラジル五輪代表のメンバーは以下の通り。
《ゴールキーパー》
クレイトン(アトレチコ・ミネイロ)、ダニエル・フザート(ASローマ)、イヴァン(ポンチプレッタ)
《サイドバック》
エメルソン(ベティス)、グーガ(アトレチコ・ミネイロ)、フェリペ・ジョナタン(サントスFC)、カイオ・エンリケ(フルミネンセ)
《センターバック》
リャンコ(トリノ)、ルイス・フェリペ(ラツィオ)、イバーニェス(アタランタ)、ブルーノ・フクス(インテルナシオナル)
《ミッドフィールダー》
ブルーノ・ギマランエス(アトレチコ・パラナエンセ)、ペドリーニョ(コリンチャンス)、マウロ・ジュニオル(ヘラクレスアルメロ)、ドウグラス・ルイス(アストンビラ)、アラン(フルミネンセ)、ウェンデル(スポルティング・リスボン)
《フォワード》
アントニー(サンパウロFC)、マルコン(ゼニト)、パウリーニョ(バイエル・レバークーゼン)、ロドリゴ(レアル・マドリード)、ペドロ(フィオレンティーナ)、マテウス・クーニャ(RBライプチヒ)
 9月の2試合でも活躍したマテウス・クーニャらは引き続き選出された。新たに選出された中では、ロドリゴやマルコンに注目が集まる。
 来年の東京五輪の出場を目指す男子のサッカーブラジル代表は、年明け1月にコロンビアで行われる南米予選、U23南米選手権に向けて強化を進めている。
 南米からの出場枠は2で、ブラジルはU23南米選手権で2位以内に入ることが必要だ。(20日付CBFサイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ