ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》9月の小売は前月比0・7%アップ=積み立て退職金早期引き出し政策の効果か

《ブラジル》9月の小売は前月比0・7%アップ=積み立て退職金早期引き出し政策の効果か

 ブラジル地理統計院(IBGE)は13日、9月の国内小売業の総売上が、8月比で0・7%増えたと発表した。これで、5カ月連続の前月比アップだ。ブラジル海通(ハイトン)投資銀行のエコノミストは、「ポジティブな結果。国外情勢は決して楽観できるものではないが、国内情勢に目を向ければ、経済状況は目に見えて改善されている」と語った。
 だが、9月の小売業の売上が前月比プラスとの結果も、国内総生産(GDP)成長率予想を上方修正させるほどではない。全国財・サービス・観光商業連合(CNC)は、今年第3四半期のGDPは前期比でプラス0・4%だろうとの予測を変更しなかった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ