ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領の新党「ブラジル同盟」発足=「銃と神」重んじ、左翼攻撃=早くも強い物議を醸す=党承認後も課題は多く

《ブラジル》ボウソナロ大統領の新党「ブラジル同盟」発足=「銃と神」重んじ、左翼攻撃=早くも強い物議を醸す=党承認後も課題は多く

発足式でのボウソナロ大統領(Antonio Cruz/Agencia Brasil)

 21日、ボウソナロ大統領は自身の新党「ブラジル同盟(APB)」の結党を宣言した。大統領は発足式で、銃や宗教の重要さを語り、共産主義やグローバリズムを敵扱いしただけでなく、かつて自分を支持した勢力をも批判して物議を醸した。22日付現地紙が報じている。

 新党の発足式はブラジリアのホテル「ゴールデン・チューリップ」で行われた。同式には党首予定のボウソナロ大統領、副党首の予定の長男フラヴィオ上議、ミシェル大統領夫人、フラヴィオ氏ら3兄弟とは腹違いの弟のジャイール・レナン氏などの家族が参加した。他、次男カルロス氏(欠席)の側近で、大統領府内の「嫌悪部隊」構成員のテルシオ・アルナウド・トマス氏や、担当弁護士のカリナ・クファ、アデミール・ゴンザーガ両氏らが参加した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ