ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 人気司会者のググ(60)の事故をめぐって21日、ブラジル国内の情報が錯綜し、混乱を招いた。彼は20日、米国フロリダ州オーランドにある別荘で、一番上の階にあった冷暖房機を修理しようとした際、誤って4メートル下に転落した上、家具の角で頭を強く打ち、病院に運ばれた。彼に関しては一時、「死亡した」との報道がテレビのニュースにまで流れて、騒然となった。結局、死亡は誤報であったことが後に報じられたが、容態はかなり悪く、現在も集中治療室に入院中で、依然、緊迫した状況だという。ググ一家は5日間の休暇で米国を訪れていて、事故に遭った。22日も多くの国民が彼の容態を案じている。速やかな回復を祈りたい。
     ◎
 24日、ウルグアイで大統領選の決選投票が行われる。同国の世論調査では、一次選挙で1位となった、長期政権だった左派の「拡大戦線」所属のダニエル・マルティネス氏ではなく、3位以下の票を集めると予想されている、保守派で「国民党」所属のルイス・ラカージェ・ポウ氏が逆転勝利するのでは、との憶測が強まっている。いずれにせよ、いまだに混乱が続いているボリビアのようなことにならないためにも、後腐れのない結果を期待したい。
     ◎
 今日、ブラジリア時間の午後5時より、ペルーのリマで、サッカーのリベルタドーレス杯決勝、フラメンゴ対リーヴェル・プレート戦が行われる。あのジーコを擁した伝説のチーム以来、38年ぶりの優勝が期待されるフラメンゴだが、相手は2連覇を狙うアルゼンチンきっての強豪。白熱した試合になりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 《南米サッカー》ブラジルの東京五輪男子サッカー出場決定 激戦の南米予選を2位で突破2020年2月11日 《南米サッカー》ブラジルの東京五輪男子サッカー出場決定 激戦の南米予選を2位で突破  コロンビアで開催されていた、東京五輪に向けた男子サッカー南米予選で9日、ブラジルが五輪出場を決めた。10日付現地紙が報じている。  ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、コロンビアによる決勝リーグからは、2チームが東京五輪に出場できる。ブラジルは3日と6日のコロンビア […]
  • 東西南北2020年2月8日 東西南北  6日にコロンビアで行われた、サッカーの南米五輪予選の4チームでの決勝リーグ、対ウルグアイ戦でブラジル代表が1―1と引き分けたために、事態がかなり微妙なことになっている。9日に最終戦が行われるが、ブラジリア時間の20時に行われるコロンビア対ウルグアイ戦が引き分けに終わると、ブラ […]
  • 《五輪サッカー》U23ブラジル代表がウルグアイに圧勝=決勝リーグ進出に大きく前進2020年1月24日 《五輪サッカー》U23ブラジル代表がウルグアイに圧勝=決勝リーグ進出に大きく前進  コロンビアで開催されている東京五輪男子サッカーの南米地区予選で22日、U23ブラジル代表がウルグアイに3―1で圧勝し、決勝リーグ進出へ大きく前進した。  ウルグアイは序盤、エース、ディエゴ・ロッシ(ロサンゼルスFC)が攻め込み、シュートを狙うシーンを見せたが、前半1 […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]