ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食ではないが、婦人部が腕を振るう「ブラジル版おふくろの味」を味わってみては?
     ◎
 13日付本紙で伝えた通り、来年からニッケイ新聞の購読料が値上げになる。だが、今年いっぱいに支払えば従来の料金のまま。もちろん来年の分の前払いも可能。年末までの購読料は半年分が420レアルだが、来年からは450レアルになる。同じく1年分は790レアルが840レアルになる。バンカの値段も1部4レアルが5レアルになる。なお、ポルトガル語週刊新聞「Nippak」も今年いっぱいは半年90レアル、来年からは110レアル。1年分なら今は170レアルだが、200レアルになる。バンカの値段も4レアルが5レアルに。ニッケイ新聞とNippakのセットなら、半年で510レアル、1年分で960レアルとお得になる。友人や子どもへのクリスマスのプレゼントにしてみては?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年5月6日 大耳小耳      ◎  5日付(火)から、本紙印刷版がようやく復活した。サンパウロ州がクアレンテナ(検疫)に入った3月末以来、1カ月間以上も印刷版を休んで、PDF版発行とサイト記事更新だけをしてきた。印刷版の読者の皆さんには、「本当に申し訳ない」と平謝りしたい。その間、編集部には毎日 […]
  • 大耳小耳2020年5月8日 大耳小耳  コロナウイルス対策のために、サンパウロ州では7日から外出時のマスク着用が義務になり、「こんなに規則を守る人々だったか?!」とおどろくほど街ゆく人々が徹底して着けている。そんな中、リベルダーデ区ガルボン・ブエノ街では、先週より道端でマスクを売っているカメロー(露天商)が増えた。 […]
  • 大耳小耳2019年3月14日 大耳小耳      ◎  椰子樹社(多田邦治代表)が発行する歌誌『椰子樹』379号が編集部に届いた。《母逝きし齢にあと三年なりやわらかに曇る庭にバラ散る》(寺田雪恵)にはしんみりさせられる。《遠き路虫の知らせか尋ねしが十日の後に訃報届きぬ》(神林義明)にも、「死ぬ前にあえて良かった」と […]
  • 大耳小耳2009年1月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年1月30日付け […]