ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』467号が9月に発行された。《移民祭友は眞子様歓迎に》(熊谷桂子)の作者は在カンポ・モウロン。ということは90キロほど北にいったマリンガで移民110周年式典に参加したのでは。節目の今年らしい作品。アリアンサ移住地の長老健在ナリ―と感じさせてくれる作品は《タンバキー釣れるはゴムの実爆ぜる午後》(新津稚鴎)。ブラジルらしさと「爆ぜる」という言葉による躍動感を放つ作品。《桑の芽をむさぼる蚕音高し》(相原貴余志)の作者は、いわずと知れたバストス在住。卵の都になる以前から養蚕の都だったところで、今もブラ拓の絹糸はつとに有名。今号も、地方の薫りを感じさせてくれる作品がいっぱい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2019年1月9日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』第470号が12月に刊行された。昨年は底といえる景気の悪さだったゆえ、《がまんして生きる他な年の暮れ》(清原エミリア)は静かな共感を呼ぶ作品。そんな大変なときだからこそ、一所懸命に年忘れをする姿を描いた《スマホ置き食べて唄って忘年会》(石井かず枝)は納得できる句か […]
  • 大耳小耳2018年12月21日 大耳小耳  『ブラジル岐阜県人会便り』327号が11月に刊行された。長屋充良会長宅で11月24日、忘年会をかねて、来年の県連日本祭りで出す郷土食の試食会も行われたそう。NHKドラマ『半分、青い!』で有名になった「五平餅」と「鶏ちゃん」が振る舞われて好評を博した。そのほか、タコ焼き、牛肉串 […]
  • 大耳小耳2019年1月8日 大耳小耳  ジャパン・ハウス(マルセロ・マトア・アラウジョ館長)は、空間藝術の企画展「次元(dimension)」が9日に終了するのに伴って、19日から新展示「犬のための建築(Architecture for […]
  • 東西南北2018年12月13日 東西南北  駐ブラジル日本国大使館が出すPDF版『大使館情報』2018年12月号によれば、山田彰大使は11月21日にキム・カタギリ次期下議、23日にはエルネスト・アラウージョ次期外務大臣、4日にはジャイル・ボウソナロ次期大統領と懇談した。中でもカタギリ下議は「自分に出来ることがあれば是非 […]
  • 大耳小耳2018年12月20日 大耳小耳  『ブラジル日系文学』第60号では、本紙で掲載した突撃ルポ「ジョアン・デ・デウスの館」の読後、実際にゴイアス州アバジニアの同館に行った際の体験記「アバジニア」(山本紅)が掲載されている。《不思議なのは夜、館上空の写真を撮ると青い玉や、黄色、赤などの色がちりばめられていること。他 […]