ホーム | Free | 話題の『超疲労回復』著者来伯=疲労回復ワークショップ開催

話題の『超疲労回復』著者来伯=疲労回復ワークショップ開催

来社した大山さん、松尾さん、鈴木さん

 「寝ても疲れがとれない」―そんな人でも自宅で回復力を身に付けられる「疲労回復プログラム」を紹介した話題の著書『超疲労回復』で知られる松尾伊津香さん(32、東京都)が来伯し、27日に来社した。ブラジル滞在中に「美活」や姿勢矯正をテーマとしたワークショップなどを行う。
 12月1、8両日(日)午後4時半~6時半には、ワークショップ「姿勢矯正マスターコース」をサンパウロ市のジム「ZEROGYM」(Alameda Campinas, 463 – Terreo – Jardim)にて開催する。参加費150レアル。
 2日(月)正午~午後3時には女性向けに、食事や姿勢矯正による心身美化を目指す「美活セミナー」を同ジムで開催予定。参加費70レで軽食付き。
 どちらも参加枠が残りわずかとのこと。参加申込は同ジム(電話=11・97274・2200 / メール=zerogym.sp@gmail.com)まで。
 松尾さんは(株)ビジネスライフの役員で、同社はZEROGYMの経営を行っている。東京都内に2店舗を構え、3店舗目にブラジル進出し、今月1日に開店した。
 同ジムは、ストレッチや自重トレーニングに瞑想などを取り入れた独自のプログラムを導入。「疲れがとれない、たまりやすい」という社会人を主な対象に、睡眠の質を向上させ、頭と体の疲労回復力を高めることを目指す。
 松尾さんは「学んで実際に動いて、疲れを癒やす方法を知ってほしいです。より良い休息のとり方なども話そうと思います」。共に来社した、同ジムインストラクターの鈴木友紀菜さん、同ジムの一部業務に携わり、サンパウロ市ではり・きゅう整体治療院を経営する大山牧彦さんも「忙しい社会人だけでなく、幅広い年齢の方々のためになると思います」と呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ