ホーム | ブラジル国内ニュース | トランプ米大統領がブラジルとアルゼンチンに課税宣言=鉄鋼とアルミの輸出に対して=通貨安での価格下落対策=ボウソナロには寝耳に水

トランプ米大統領がブラジルとアルゼンチンに課税宣言=鉄鋼とアルミの輸出に対して=通貨安での価格下落対策=ボウソナロには寝耳に水

トランプ大統領(Shealah Ctraighead)

 2日、米国のトランプ大統領は、ブラジルとアルゼンチンからの鉄鋼とアルミに課税を行うことを自身のツイートで宣言。ブラジル内に大きな衝撃が走った。同日付現地サイトが報じている。

 トランプ大統領はワシントン時間の午前7時59分(ブラジリア時間午前9時59分)に行ったツイートで、「ブラジルやアルゼンチンは二国共、自国の通貨価値を相当落としている。それはわが国の農家にとってよくないことだ」とし、さらに「そこで私は、この両国に対し、鉄鋼とアルミの輸入に対して関税を行おうと思う」と書いた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ