ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》“教師余り”が将来発生?=若年層の人口減に対応できず

《ブラジル》“教師余り”が将来発生?=若年層の人口減に対応できず

 ブラジル経済研究所(Insper)所属教授のリカルド・パエス・デ・バロス氏が、ブラジル全26州と連邦直轄区を対象に行った調査によると、ブラジルでは今後数年の内に“教師余り”が発生する可能性があることが分かった。6日付現地紙が報じた。
 調査によると、ブラジルでは2013年から17年末までの5年間に、およそ115万人の基礎教育(9年間の義務教育と3~4年間の中等教育)担当の教員を育成した。
 この数は、現在国内で勤務している教師およそ223万人のほぼ半分に当たる。また、この223万人のほぼ8割にあたる175万人は公立校の教員だ。調査によると、18年から22年までの5年間で、さらに150万人が教員資格を得る。リカルド・パエス氏は現状を揶揄して、「我々は教師だらけの国だ」とレポートに記した。
 ブラジル国内の全ての子供に最低でも義務教育を、さらには中等教育(15~18歳・日本の高等学校)を施す目的の下、教師を増やす動きは進められてきた。問題は、せっかく教師を増やしたのに、国民のライフスタイルや年齢別人口バランスの変化から、子供の数が減少していることだ。
 例えば、サンパウロ州で基礎教育を受けている青少年の数は2018年現在で713万人だったが、2050年にはこの数が644万人に減ると見られている。
 リカルド・パエス氏は、「ここ30年間、大学には『教師が足りない』『教師が必要』とのメッセージが伝えられ、大学側もそれに応えてきたが、『そろそろペースダウンを』と言い忘れた」と結んでいる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コメディ・グループ襲撃事件の主犯がロシアへ逃亡=傷害罪前科多数のPSL党員2020年1月4日 《ブラジル》コメディ・グループ襲撃事件の主犯がロシアへ逃亡=傷害罪前科多数のPSL党員  【既報関連】人気コメディ・グループ「ポルタ・ドス・フンドス」の事務所を襲い、火炎瓶を投げつけた主犯は社会自由党(PSL)党員で、既にロシアに逃亡中と、2日付現地サイトなどが報じている。  事件は12月24日未明、リオ市ボタフォゴ地区にあるポルタ・ドス・フンドスの事務所で起き […]
  • サンパウロ市=ロジージオが休止に=来月の10日までの間2019年12月24日 サンパウロ市=ロジージオが休止に=来月の10日までの間  サンパウロ市における自動車の乗り入れ規制、ロジージオが23日から来月10日まで休止される。22日付現地紙が報じている。  ロジージオは自動車のナンバープレートの末尾番号によって、市中央部への乗り入れを制限するシステムで、クリスマスから年始にかけては、毎年、休止される。   […]
  • 《ブラジル》国際郵便物には納税者番号を=1月以降物品受け取りに支障2019年12月27日 《ブラジル》国際郵便物には納税者番号を=1月以降物品受け取りに支障  ブラジル国税庁が、1月1日以降、郵便局や民間の運送会社を使って送る、または受け取る国際郵便物には、納税者番号の記載を義務付けると6日付郵便局サイトなどが報じた。  この措置は納税義務の有無などの判断や通達、徴税を容易にするためだ。荷物や書類の発送・受け取りには、個人なら納税 […]
  • 《サンパウロ州》イタクァケセトゥーバで銃工場=謎の企業内から見つかる2019年12月21日 《サンパウロ州》イタクァケセトゥーバで銃工場=謎の企業内から見つかる  19日、サンパウロ州イタクァケセトゥーバで、マシンガンと銃を不法製造していた工場が警察の摘発を受けた。20日付現地紙が報じている。  先週末、同市ジャルジン・アドリアナ区の住人が、4カ月前から操業している会社から、かなりうるさい音が聞こえてくるとの苦情を警察に提出した。 […]
  • 《ブラジル》末期ガンから回復のカストロ氏=事故に遭い、あっけなく死亡2019年12月21日 《ブラジル》末期ガンから回復のカストロ氏=事故に遭い、あっけなく死亡  末期リンパ腫で痛み止めのモルヒネを毎日、上限量まで使い、体重が激減して、自分では歩けなかったのに、ガンが消滅し、普通の生活に戻った「奇跡の人」ヴァンベルト・ルイス・デ・カストロ氏(62)が、11日にミナス州ベロ・オリゾンテ市で事故に遭い、頭蓋骨骨折の重傷を負って帰らぬ人となっ […]