ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》来年の大豆生産量は2億4千万トンで新記録の予測=価格変動は国際情勢次第

《ブラジル》来年の大豆生産量は2億4千万トンで新記録の予測=価格変動は国際情勢次第

巨大コンテナに載せられる大豆(参考画像・IvanBueno/Ag. Paraná)

 ブラジル地理統計院は10日、来年の穀物の予想収穫量は2億4090万トンで、今年の予想収穫量2億486万6400トンを3万3600トン上回り、計測史上最高を更新するだろうとの予想を発表した。11日付現地紙が報じている。
 種類別では、棉と大豆が最高記録を更新する見込みだ。来年の大豆の予想収穫量は1億2077万7千トンで、的中すれば、ブラジルは米国を抜いて世界最大の大豆生産国になると、IBGEの農牧畜業コーディネート部のデータ分析員カルロス・ゲデス氏は語る。同氏は、「ブラジルが大豆収穫量を増やしているのに対して、米国は去年、多くの問題を抱えた。大豆生産地帯の気候が、栽培に適さなかったため、収穫量にも影響した。今年の米国の収穫量は9600万トン」としている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ