ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》マット・グロッソ州=養子縁組待つ子供たちが親候補の前でファッション・ショー=未成年者の人身売買を想像させ騒動に

《ブラジル》マット・グロッソ州=養子縁組待つ子供たちが親候補の前でファッション・ショー=未成年者の人身売買を想像させ騒動に

 養子縁組を待つ子どもたちが、養子縁組を希望する養育親候補たちを前にファッション・ショーもどきのパレードを行うという事態がマット・グロッソ州で起き、問題となっている。
 21日に開かれたイベントは第2回目で、マット・グロッソ州養子縁組支援調査協会(AMPARA)が、ブラジル弁護士会同州支部の児童青年委員会の協賛を得て開催した。
 会場となった同州州都クイアバのショッピング・センターには、養子縁組を待つ5歳から17歳までの少年や少女と、約200人の観客が集まった。観客の多くは養子縁組を望む夫婦で、ブラジル弁護士会の会員や判事、検事などもいたという。
 子供たちは、施設職員らに手を引かれて舞台を歩いた。子供たちが着ていた服は、スポンサーとなった衣類や靴の販売店が、このイベントのために寄付したものだ。
 これを知った、ホームレス労働者運動(MTSTのコーディネーターで昨年の大統領選候補、ギリェルメ・ボウロス氏は、「子どもたちが大人たちに選ばれるために公衆にさらされているようで、気持ち悪くて見ていられない。こうやって、見世物にされた子どもたちの期待感や挫折感が彼らの精神にどんな影響を及ぼすか、考えただけでもゾッとする。(小児性愛など)別の目的で集まった観客もいるのではないかとさえ思ってしまう」とツイッターで酷評した。
 主催者側の目的は定かではないが、あたかも公衆の面前で人身売買が行われるのではないかと疑われるようなイベントは、開催前から検察局などから目をつけられていた。マット・グロッソ州の公選弁護人たちは、イベントの後、「未成年者を公衆の面前にさらし、人身売買とさえ見受けられる行為は憲法や青少年憲章に明らかに違反している」と、厳しい批判の意を表した。(23日付アゴラ紙、22日付ブラジル237サイト、22日付BBCニュースより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》環境相がパンタナルの火災現場を再視察=ジャガー生息地の州立公園は85%焼失2020年9月25日 《ブラジル》環境相がパンタナルの火災現場を再視察=ジャガー生息地の州立公園は85%焼失  リカルド・サレス環境相が24日、マット・グロッソ州(MT州)ポコネ市を訪問し、森林火災の実状を再視察したと同日付現地サイト報じた。  ポコネ市はマット・グロッソ州州都クイアバ市から102キロの所に位置するパンタナルの入り口的な町だ。そのポルト・ジョフレ地区にある州立 […]
  • 《ブラジル》パンタナル=森林火災が40日超える=ジャガーの生息地脅かす2020年9月10日 《ブラジル》パンタナル=森林火災が40日超える=ジャガーの生息地脅かす  ブラジル中西部に広がるパンタナルでの森林火災が40日以上経っても鎮火せず、マット・グロッソ州の州立エンコントロ・ダス・アグアス公園の一部にも被害が及び始めた。  森林火災の被害が出始めたのは、州立公園の一部で、州都のクイアバ市から102キロのポコネ市ポルト・ジョフレ […]
  • 《ブラジル》ラオニ酋長のコロナ感染確認=熱もなく人工呼吸器は不要2020年9月1日 《ブラジル》ラオニ酋長のコロナ感染確認=熱もなく人工呼吸器は不要  先住民の人権保護で国際的に知られるカイアポ族のラオニ・メトゥクチレ酋長(89)が新型コロナに感染した事が公表されたと8月31日付現地サイトが報じた。  ラオニ氏は肺炎や白血球数増加で、マット・グロッソ州クイアバ市から503キロのシノッピ市ドイス・ピニェイロス病院に入 […]
  • 《ブラジル》14歳少女を誤って射殺?=女友達が発砲、父を起訴2020年8月5日 《ブラジル》14歳少女を誤って射殺?=女友達が発砲、父を起訴  マット・グロッソ州都クイアバ市で7月12日、友人少女宅を訪問中だったイサベレ・ギマランエス・ラモスさん(14歳)が射殺される事件が発生した。発砲したのは同年代の少女。その父親マルセロ・チェスタリ氏(46)が、銃の不法所持等の罪で市警に起訴された。3日付け各伯字紙が報じている。 […]
  • 《ブラジル》新たに3市がメトロポリスに=カンピーナスは州都以外で初の快挙2020年6月27日 《ブラジル》新たに3市がメトロポリスに=カンピーナスは州都以外で初の快挙  ブラジル地理統計院(IBGE)が25日、エスピリトサント州ヴィトリア、サンタカタリーナ州フロリアノポリス、サンパウロ州カンピーナスの3市をメトロポリスに認定したと発表した。  メトロポリスとは、国や大きな地方における経済・文化の中心で、国際的な連携のハブとなるような […]