ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州サンベルナルド市=フォード工場跡地に中国企業?=比亜迪が買収に興味示す

サンパウロ州サンベルナルド市=フォード工場跡地に中国企業?=比亜迪が買収に興味示す

 サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポ市のフォードの自動車工場跡地購入に、中国の大手自動車メーカー、比亜迪自動車販売株式会社(BYD Auto)が名乗りをあげていると、13日付現地紙が報じている。
 フォード工場は長年にわたり、同市を代表する産業の担い手の一つとしての役割を果たして来たが、10月31日に、惜しまれながら工場を閉鎖した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》19年の外貨流出額は447億ドル=為替もレアル安、ドル高に動く2020年1月10日 《ブラジル》19年の外貨流出額は447億ドル=為替もレアル安、ドル高に動く  2019年、ブラジルからのドルの純流出総額は447億7千万ドルを超えた、とブラジル中銀が8日に発表した。  これは、1982年の統計開始以来、単年度としては最大の外貨流出額だ。  これまでの外貨純流出は、1999年に記録された161億8千万ドルが最高だった。ブラジルはその […]
  • 《ブラジル》不動産買えば永住ビザ?=情報不足か、なかなか機能せず2019年12月17日 《ブラジル》不動産買えば永住ビザ?=情報不足か、なかなか機能せず  自国の高額不動産を買う外国人に永住ビザを与えることで国外から富裕層を呼び込む動きが、米国や欧州諸国で盛んだ。  ブラジルでも同様の政策を打ち出して国外からの富裕層を呼び込もうとしているが、なかなか制度が機能していない。  国によって制度に細かな違いがあるが、ブラジルの制度 […]
  • サンパウロ州=大型高速道路コンセッションが成立=30年で140億レアルの投資2020年1月10日 サンパウロ州=大型高速道路コンセッションが成立=30年で140億レアルの投資  【既報関連】サンパウロ州ピラシカーバ~パノラマ間の総延長1273kmに及ぶ高速道路の運営権入札が8日に行われ、ブラジルの投資会社Patriaのファンドとシンガポールのソブリンファンドが出資する共同事業体コンソルシオ・デ・インフラエストゥルトゥーラ・ブラジル(以下CIB)が、1 […]
  • 《ブラジル株》史上初の11万P突破=米中貿易戦争鎮静化に期待2019年12月6日 《ブラジル株》史上初の11万P突破=米中貿易戦争鎮静化に期待  サンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)は4日、前日比1・23%高の11万300・9ポイント(P)で取引を終了し、史上初めて11万Pラインを突破した。5日付現地各紙が報じている。  これは、ブラジル時間の4日朝、「激しい関税の応酬を繰り広げている米国と中国が、貿易協定で […]
  • 《ブラジル経済》年末にむけ、各指標好調=CDSは7年ぶりの低水準2019年12月14日 《ブラジル経済》年末にむけ、各指標好調=CDSは7年ぶりの低水準  【既報関連】S&P社がブラジル国債を「ポジティブ見通し」としたことや、経済基本金利(Selic)が引き下げられたこと、また、米中貿易戦争が緩和する見通しが出ていることなどにより、12日のブラジル株は1・11%高、ドルは0・62%安、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)も […]