ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》国道での交通事故の死傷者増加=移動式レーダー撤去後に

《ブラジル》国道での交通事故の死傷者増加=移動式レーダー撤去後に

 スピード違反を取り締まるためのレーダーを国道から撤去後、交通事故による死傷者が増えたため、裁判所が連邦政府に移動式レーダー導入を命じたと17日付エスタード紙が報じている。
 国道からの移動式レーダー撤去は、ボウソナロ大統領によって推し進められ、8月15日以降、国道の85%(5万5700キロ分)で、スピード違反を測る機能が失われた。ボウソナロ大統領はその前にも国道への固定式レーダー新設を禁じており、8月現在で残されていたのは全国でわずか332機の固定式レーダーだけとなった。
 だが、1~3月は交通事故による死者と負傷者が減っていたのに、固定式新設禁止後の4~7月は、死者数が前年同期比で2・7%、負傷者数が5・1%増えた。また、移動式撤去後の8~10月は、死者が2%、負傷者が9・1%増加していたことが判明した。
 レーダー導入はそれ以前からも、交通事故や死者の減少に貢献していたことが伝えられていた。2011年に国道での交通事故で死んだ人は9千人近かったが、年々減り続け、2018年には5269人となっていた。
 スピード違反は国道での交通事故死の原因の16・1%を占める。国道を頻繁に利用するトラック運転手らも、レーダー撤去後はスピード違反が増えたと感じていた。
 こうした事態により、裁判所は連邦政府に14日までに移動式レーダーを導入するよう命じた。だが、導入が徹底せず、16日に導入期限を23日までに延期した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に2020年5月27日 ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に  【既報関連】世界保健機関(WHO)は25日、新型コロナウイルスに対するヒドロキシクロロキンの臨床試験差し止めを命じた。同薬とクロロキンは、ブラジル政府が同病の公式治療薬として承認するよう、諸方面に圧力をかけている薬剤だ。25、26日付現地紙、サイトが報じている。  WHOが […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に2020年6月4日 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に  【既報関連】5月25~26日に行われたダッタフォーリャの世論調査によると、回答者の52%が「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたと2日付G1サイトが報じた。  2069人への電話アンケートの結果、「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたのは52%で、「 […]
  • 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か2020年5月23日 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か  アマゾナス州内陸部のサンガブリエル・ダ・カショエイラ市(SC)で、先住民の間にコロナ感染者急増中と22日付現地サイトが報じた。  同州内陸部にはコロナウイルスへの感染率や死亡率が高い市が集中している。中でもSCは10万人あたりの感染者発生率が999に達し、少なくとも15人が […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]