ホーム | コラム | 樹海 | 森林伐採削減にセラードの例生かせぬか

森林伐採削減にセラードの例生かせぬか

 マドリッドでの気候変動枠組条約締約国会議の最中、持続可能な開発のためのブラジル企業審議会が「ブラジルはカーボン市場を一つの機会としてみる必要がある」として、連邦政府に柔軟な姿勢をとるよう求めた。自国では温室効果ガス排出量削減が困難な先進国が排出量削減に繋がるプロジェクトなどを支援するカーボン市場向けに、排出量削減のための新プロジェクトや対策を講じるよう求めたのだ▼ボウソナロ大統領は食糧確保や経済活動促進のためにはアマゾンや先住民保護区の開発が必要と考えており、法定アマゾンの森林伐採急増はそれを反映しているが、隣のセラードでは今も残る原生林の開発が減少した。昨年8月~今年7月の法定アマゾンの森林伐採は29・5%増の9762平方キロだったのに対し、セラードは前年同期比2・26%減の6484平方キロで、2000年の統計開始以来、最少だったのだ▼セラードはある程度開発済みで、環境保護区の森林伐採が15%増えるなどの問題はあるが、新規開発に代わる、開発済みの土地の再開発ともいうべき「ABCセラード計画」というプロジェクトが2015年に発足。7800人の農業生産者が参加し、疲弊して生産力が落ちた牧草地9万3千ヘクタールを回復させる事で牛の成長を速め、出荷までの期間短縮や単位面積当たりの生育数増加などの効果を得ている。この計画の恩恵を受けた人は生産者や家族、学生、技術者など、1万8千人に上り、「新しい土地を開発しなくても生産が向上した」との言葉は同計画が原生林保護にも役立つ事を示している。セラード同様の発想や技術の応用が、法定アマゾンの伐採減少にも繋がる事を願いたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!2020年6月9日 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!  高齢者がブラジル生活を送るにおいて、これから2、3カ月が一番危険な時期ではないか―という気がする。  今までは序の口で、これから「コロナ死者激増」と「大不況」というダブルパンチに見舞われる。今後起こりうるシナリオを列挙すると、以下のようになる。 ▼「4月、5月のコ […]
  • 産業文明という「人類の緩慢な自殺行為」2020年3月3日 産業文明という「人類の緩慢な自殺行為」  ちょっと心を洗われるコラムを読んだので、紹介したい。生物学者フェルナンド・レイナッキ氏がエスタード紙2月22日付に書いた「(Mundo de oportunidade(機会ある世界) […]
  • 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか2020年6月5日 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか  新型コロナウイルスに関して今月中に、ブラジルの感染者、死者数が共に全世界で2位になることはほぼ間違いないと思われる。感染者に関してはすでに5月の時点で2位に躍り出ているが、死者の数でも現在は世界第4位。3位のイタリアとの差も3日夜の時点で1033人差。  ここ数日で […]
  • アマゾンの火災とオーストラリアの火災は違う?2020年1月9日 アマゾンの火災とオーストラリアの火災は違う?  ブラジルのメディアが7日、オーストラリア(豪州)での火災に伴う煙がブラジル南部にも到達したと告げた▼昨年8月の法定アマゾンの森林火災急増で国際社会からも批判を浴びたボウソナロ大統領やリカルド・サレス環境相は、豪州での火災は9月から続き、多数の動物や人も死んでいるのに批判の声が […]
  • 世界中にさらされ続けるブラジルの政変2020年1月17日 世界中にさらされ続けるブラジルの政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、ブラジル政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、ブラジルの作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けて […]