ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領、犯罪防止法を一部拒否の上裁可=モロ法相の要請聞き入れず=息子をかばう態度を支持者も非難

《ブラジル》ボウソナロ大統領、犯罪防止法を一部拒否の上裁可=モロ法相の要請聞き入れず=息子をかばう態度を支持者も非難

セルジオ・モロ法相(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 【既報関連】ボウソナロ大統領は25日、議会で承認されていた犯罪防止法案(パコッテ・アンチクリーメ)を、25カ所に拒否権を行使した上で裁可したと26日付現地各紙が報じた。
 同法案はセルジオ・モロ法相が今年早々に提出したものだ。上下両院での審議の過程で、同法相の本意に沿わない変更も行われた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ