ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》刑務所整備の使用額は予算の約1/3=劣悪な収容環境改善されず

《ブラジル》刑務所整備の使用額は予算の約1/3=劣悪な収容環境改善されず

 昨年は、ブラジル北部のアマゾナス州とパラー州で二つの大規模な刑務所暴動が発生し、合計112人の囚人が死亡したが、国立刑務所基金(Funpen)は35%しか使われていないと、7日付現地紙が報じた。
 Funpenは刑務所の改装や新築などに使われるべき予算で、昨年度は9億1250万レアルが計上されていた。地元紙が入手した、非政府団体(NGO)のコンタス・アベルタスのデータによると、昨年はこの内の3億2200万レアルしか使われていないという。
 多くの州の刑務所が過密収容や劣悪な収容環境、苛酷な職員の労働環境の問題を抱える中、それを改善させるための予算が効果的に執行されていない現実がある。Funpenの予算は、設備購入費や看守のトレーニング費にも使われる。
 「州がFunpenからの予算を受け取るには一定の条件を満たすことが必要」と政府は主張している。
 州政府がFunpenの予算を受け取るには、政府の求める全ての条件を満たすような、刑務所整備計画を立案、提出しなければならない。ボルソナロ政権初年は、全予算の71%に相当する整備計画が承認されたが、実際に払われたのは35%で、2016年以降で最低の数字となった。
 コンタス・アベルタスのジル・カステロ・ブランコ氏は、「Funpen予算はこれまでも効果的に執行されてこなかった」としている。2001~19年は計265億レアル(インフレ調整済み)が予算に計上されたが、実際に払い出されたのは半分以下だ。
 2015年には最高裁が、残っていた予算の全額支出と新たな凍結を禁ずる判決も出している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大2020年10月15日 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大  ボルソナロ大統領は13日、交通法改正案を一部拒否権を行使しつつ裁可した。14日付連邦官報に掲載された同改正法では、運転免許証(CNH)の有効期限延長や、ポイント数を40に拡大することなどが盛り込まれている。公布から180日後に発効。13日付G1サイトなどが報じた。 […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり2020年10月14日 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり  世界保健機関(WHO)は13日、ブラジルでのコロナ感染が減速傾向にあるとの見解を表明した。ただし、ブラジルの感染者や死者は今も高どまりの状態にあり、12日の感染者は510万3408人、死者も15万689人に達している。  WHOの見解は13日付のTVニュースなど […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]