ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》刑務所整備の使用額は予算の約1/3=劣悪な収容環境改善されず

《ブラジル》刑務所整備の使用額は予算の約1/3=劣悪な収容環境改善されず

 昨年は、ブラジル北部のアマゾナス州とパラー州で二つの大規模な刑務所暴動が発生し、合計112人の囚人が死亡したが、国立刑務所基金(Funpen)は35%しか使われていないと、7日付現地紙が報じた。
 Funpenは刑務所の改装や新築などに使われるべき予算で、昨年度は9億1250万レアルが計上されていた。地元紙が入手した、非政府団体(NGO)のコンタス・アベルタスのデータによると、昨年はこの内の3億2200万レアルしか使われていないという。
 多くの州の刑務所が過密収容や劣悪な収容環境、苛酷な職員の労働環境の問題を抱える中、それを改善させるための予算が効果的に執行されていない現実がある。Funpenの予算は、設備購入費や看守のトレーニング費にも使われる。
 「州がFunpenからの予算を受け取るには一定の条件を満たすことが必要」と政府は主張している。
 州政府がFunpenの予算を受け取るには、政府の求める全ての条件を満たすような、刑務所整備計画を立案、提出しなければならない。ボウソナロ政権初年は、全予算の71%に相当する整備計画が承認されたが、実際に払われたのは35%で、2016年以降で最低の数字となった。
 コンタス・アベルタスのジル・カステロ・ブランコ氏は、「Funpen予算はこれまでも効果的に執行されてこなかった」としている。2001~19年は計265億レアル(インフレ調整済み)が予算に計上されたが、実際に払い出されたのは半分以下だ。
 2015年には最高裁が、残っていた予算の全額支出と新たな凍結を禁ずる判決も出している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ水道水問題=大型浄水装置が浄水場に到着=本格的な稼動は週明けから2020年1月18日 リオ水道水問題=大型浄水装置が浄水場に到着=本格的な稼動は週明けから  【既報関連】リオ大都市圏のノヴァ・イグアス市にあるグァンドゥ浄水場に17日の朝7時30分、大型の水ろ過装置を載せた3台の貨物トラックの内、最初の1台が到着したと、同日付各現地サイトが報じた。  リオ大都市圏では、水道水が濁り、不快な匂いや味がするという事態が続いている。グァ […]
  • 《リオ州海岸部》8歳少女が流れ弾を受け死亡=自宅内のソファの上で2020年1月11日 《リオ州海岸部》8歳少女が流れ弾を受け死亡=自宅内のソファの上で  10日未明、リオ州海岸部のバイシャーダ・フルミネンセ地区で、自宅のソファでくつろいでいた8歳の少女が、外部からの流れ弾に当たって死亡する事件が起きた。同日付現地サイトが報じている。  亡くなったのは、ベウフォルジ・ロショ市エスペランサ公園区に住んでいたアナ・カロリナ・デ・ソ […]
  • 《アメリカ》チャーター便で不法入国ブラジル人送還へ=昨年は1万8千人が逮捕2020年1月14日 《アメリカ》チャーター便で不法入国ブラジル人送還へ=昨年は1万8千人が逮捕  2018年に米国に不法入国を試みて捕まったブラジル人の数は、過去最多の1万8千人に上った。米政府は、拘束者を送り返すため、チャーター機を増やす見込みと、13日付ブラジル紙が報じた。  チャーター機による不法移民送還は古くから行われていたが、ブラジル人に使われるのは稀だった。 […]
  • サンパウロ市=夏の大雨で犠牲者が発生=大陥没で車が飲み込まれる例も2020年1月10日 サンパウロ市=夏の大雨で犠牲者が発生=大陥没で車が飲み込まれる例も  サンパウロ州ではこのところ、連日のように夏の大雨による被害が報告されているが、サンパウロ市では9日未明、雨を避けようとして鉄柵を乗り越えようとした路上生活者が、照明灯のポストに触れて感電死する事故が起きた。  亡くなったのは、3年前にゴイアス州ゴアイニアから出てきた、カイッ […]
  • 《ブラジル》ミナス州州都で奇病が発生=男性ばかり8人罹患、死者も2020年1月10日 《ブラジル》ミナス州州都で奇病が発生=男性ばかり8人罹患、死者も  ブラジル南東部ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンテ市で、男性ばかり8人が原因不明の奇病に罹り、1人が死亡。残りも重症と報じられている。  “ネオフロネウラル(nefroneural)”と名づけられたのは、年末の12月30日に最初の症例が報告されて以降、8人の患者の発生 […]