ホーム | ブラジル国内ニュース | (映画)問題作「マリゲーラ」、ついに公開へ 軍政時代の左翼ゲリラの英雄

(映画)問題作「マリゲーラ」、ついに公開へ 軍政時代の左翼ゲリラの英雄

マリゲーラ公開を知らせるポスター(インスタグラムより)

 軍政時代の伝説的ゲリラ、カルロス・マリゲーラの生涯を描いた作品としてかねてから物議を醸していた映画「マリゲーラ」は、公開中止などの憂き目も見たが、5月にようやく公開にこぎつけることとなった。

 「マリゲーラ」はブラジルの国際的俳優としても知られるヴァギネル・モウラが初めて監督を務めた作品で、昨年3月に行われたベルリン映画祭でも好評を得ていた。

 だが、「軍事政権時代の最大の左翼ゲリラ」を扱った作品である上、ボルソナロ極右政権になった後ということもあり、作品完成当時からを「公開できるのか」と懸念されていた。

 この作品はいったん、昨年11月20日に公開されることが決まっていた。11月はマリゲーラの死後50年となる上、20日はブラジルの多くの市が「黒人の意識高揚の日」として休日に定めているため、母親が黒人でもあったマリゲーラの作品を公開するのに適した日として選ばれた。

 だが、配給先のO2フィウメスが、公開の2カ月前にこの日の公開を断念した。

 公開を断念した理由は、国家映画庁(ANCINE)からの100万レアルの融資を得るための諸条件を満たすのが困難と説明され、ボルソナロ政権がこの映画の公開に難色を示していることがうかがえた。その後、この作品が公開されるかどうかは微妙なものとなった。

 だが16日、この映画のインスタグラムでのオフィシャル・サイトが「5月14日に公開決定」との投稿を行った。

 それによると、新たな配給先となるパリス・フィウメス社の協力により、公開実現が可能となったとのことだった。

 ただ、まだ公開まで4カ月。極右の国民による公開反対運動も予想され、公開予定日まで予断を許さないというのが現状だ。(16日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大2020年10月15日 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大  ボルソナロ大統領は13日、交通法改正案を一部拒否権を行使しつつ裁可した。14日付連邦官報に掲載された同改正法では、運転免許証(CNH)の有効期限延長や、ポイント数を40に拡大することなどが盛り込まれている。公布から180日後に発効。13日付G1サイトなどが報じた。 […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり2020年10月14日 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり  世界保健機関(WHO)は13日、ブラジルでのコロナ感染が減速傾向にあるとの見解を表明した。ただし、ブラジルの感染者や死者は今も高どまりの状態にあり、12日の感染者は510万3408人、死者も15万689人に達している。  WHOの見解は13日付のTVニュースなど […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]