ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 3日夜、サンパウロ州グアルジャーで、弁護士のヴィルジニア・タヴァレス・フェラス・ラモスさん(38)が強盗に襲われ、銃弾2発を受けて死亡した。ヴィルジニアさんは事件当時、銀行で金を引き出した後、車を運転していたところ、強盗団に近寄られたため、動揺してスピードを上げて逃げようとしたという。現在のところ、強盗団のひとりで19歳の青年が逮捕されている。ヴィルジニアさんは、2018年のサンパウロ州知事選に国民動員党(PMN)から出馬し、約2万8千票を集めて9位に入った企業家のクラウジオ・フェルナンド・アギアル氏の妻でもあった。
     ◎
 サンパウロ市のバスや地下鉄、CPTM用のビリェッテ・ウニコは不具合が生じやすいことで知られており、現在は、システムの故障で、学生用のものの発行や更新ができなくなっているという。学生用ビリェッテは、半額料金、あるいは状況によっては全額無料で利用することを保障するが、新学期がはじまったというのに、新規発行も更新もできないというのだから、学生たちも気が気ではないはず。毎年繰り返される出来事だが、混乱が長引けば家計や通学に支障が出てくる家庭もある。早急な対応を願いたい。
     ◎
 4日、サンパウロ大都市圏ではところにより強い雨が降った。その結果、カンタレイラ水系も4日に20ミリ強の降雨があった。同水系の5日午前9時現在の月間累積降水量は早くも100ミリを超えた。予報では、今週は最高気温こそ25度を超えるものの、連日20~30ミリの降雨が予想されているなど、不安定な状態が続くという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月7日 東西南北  3月26日から4月4日にかけて、サンパウロ市では「フェリアドン」と呼ばれる大型10連休が実施された。サンパウロ市の公共交通機関ではその間、乗客数がおよそ3分の1減ったという。この期間中、市内のバスや地下鉄、CPTMでは1日平均123万8千人の利用があったが、それは赤レベル実施 […]
  • 《ブラジル》GMが600人をレイオフ=部品不足による生産停止で2021年3月3日 《ブラジル》GMが600人をレイオフ=部品不足による生産停止で  自動車メーカーのゼネラルモータース(GM)が1日、サンパウロ州ヴァレ・ド・パライバにある工場での生産活動を2カ月間停止する事と、従業員600人をレイオフとする事を決めたと2日付現地紙が報じた。  GMが生産活動停止を決めたのは、電気系統を中心とする部品の供給不足が原因だ。新 […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=感染者が1千万人を突破=500万人超え後4カ月で=予防接種は遅々として進まず2021年2月20日 《ブラジル》コロナ禍=感染者が1千万人を突破=500万人超え後4カ月で=予防接種は遅々として進まず  新型コロナの感染拡大は止まらず、最初の感染者確認から359日目の18日には感染者が1千万人を超えたと18、19日付現地紙、サイトが報じた。頼みの綱の予防接種は、遅々として進んでいない。  保健省の統計での18日現在の感染者は、前日比5万1879人増の1003万626 […]
  • 《ブラジル》大使交代要求を中国が2度無視=大統領三男や外相と激しく対立2021年2月17日 《ブラジル》大使交代要求を中国が2度無視=大統領三男や外相と激しく対立  駐ブラジル中国大使の交代を求めるブラジル政府からの要請を、中国政府が2度拒否していたことが明らかになった。同大使は、大統領三男エドゥアルド下議の度重なる中国批判に対する不満を表明し、対立を続けている。14日付現地紙サイトが報じている。  ブラジル側が中国側に交代を求 […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]