ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

     ◎

 俳誌『朝蔭』483号が1月に刊行された。《どの木にも金の花咲く十二月》(杉本君枝)は、金色の飾りがいっぱい付けられたクリスマスツリーの様子を風流に詠ったもの。《火酒を酌みトライラ揚を歯切れよく》(菅野繁)は酒飲みには応えられない句。カリカリに挙げたトライラはピンガやビールにピッタリ。《除夜の鐘打ちに来たれと寺案内》(纐纈喜月)は日系集団地らしい年末の句。《コンサート終わりてさみし春の夕》(玉田千代美)にも同感。歌謡祭の帰り道の気分をズバリ詠ったもの。《教育勅語そらんじつまづく小正月》(佃千鶴子)からは古き良き伝統の香り。《稲妻の太き大河や河岸の宿》(東比呂)はアマゾンらしい情景か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■川田敏之さん2019年2月26日 ■訃報■川田敏之さん  アマゾナス日系商工会議所元会頭でマナウス在住の川田敏之さんが、胸膜炎により23日に逝去した。享年88。  長崎県出身。59年6月にアクレ州キナリー植民地入植した。63年にトレーゼ・デ・セテンブロ植民地に移転し、その後、マナウスで野菜や果物の卸で生計を立てた。  87年設立 […]
  • 《ブラジル》ヒアリより怖いものは?2017年7月14日 《ブラジル》ヒアリより怖いものは?  「“殺人アリ”が日本上陸!」――最近、日本では「ヒアリ」のことを盛んにそう報じている。南米大陸原産のアリの一種らしく、ウィキペディアを要約すると《世界の侵略的外来種ワースト100選定種。毒性の強い近縁種であるアカカミアリよりも強力な猛毒の針をもち、刺されると傷のような […]
  • 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(3)2016年10月22日 『百年の水流』開発前線編 第二部=南パラナ寸描=外山 脩(おさむ)=(3)  マレッタで仲間の4人が去った後、残りの長谷 川武と堀部栄吉は、少し北のカショエイラ川の近くに移動した。そこは地主によると「マレッタの心配はない」ということであった。  しかし二人だけでは、どうにもならない。伝手を頼って、新しい入植者を探した。やがて安元茂吉・青太兄弟、原甚 […]
  • ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選2016年6月16日 ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎虻が来て蝶来て天気葱坊主着ぶくれて南風寒き国に老ゆ行く秋や牧場に白き月残し草山の草分けのぼる秋の風雲の峰一日崩れず牧遅日 […]
  • 焚火祭はフェスタ・ジュニーナ(6月祭)のことで、田舎風に装った若い人たちが集まり、大きな焚き火を囲み、大鍋でピンガに香料や砂糖を入れて煮るケントンを呑み、歌い踊ったりする。2015年7月13日 ニッケイ俳壇(846)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎 迷い入れし冥土の如く寒夕焼枯れるもの枯れ麻州野は夕焼けて風止みしこの静けさも夜の秋珈琲園耳の短い兎住む鋤焼きの最後は餅を入れて食ふ【一九一五年十月三日生れで、この十月で百才になられる。一字も正しく書いて下さる。字がまともに書け […]