ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ミリシア殺害 謎残すアドリアーノの死 誰かが警察に密告した?

《ブラジル》ミリシア殺害 謎残すアドリアーノの死 誰かが警察に密告した?

 【既報関連】10日にバイア州エスプラナーダの農園で警察によって射殺された、リオ市のミリシア(犯罪者の民兵組織)の首領、アドリアーノ・ダ・ノブレガ容疑者の死に関し、疑惑が浮上していると、11日付現地紙が報じている。

 アドリアーノ容疑者には19年1月に逮捕令状が出ており、昨年末からエスパラナーダの大農場に隠れていたという。この農場は数10頭の牛を飼う広大な農場だ。

 この農場を所有する牧畜農業家は、19年12月にアドリアーノ氏に初めて会い、場所を使わせていたことを認めているが、「牧場購入に興味がある人物」と紹介され、逃走中の身だとは知らなかったという。この牧畜農業家も今回、武器の不法所持で逮捕されている。

 さらに、アドリアーノ氏が隠れていた農場と殺害された農園は約8キロ離れている。殺害された農園は同市市議のジウソン・バチスタ・リマ・ネット氏(通称ジウシーニョ・ダ・デデ)の所有で、デデ氏はアドリアーノ容疑者とは面識がなかったと発言しているが、デデ氏は、アドリアーノ容疑者とつながりが深かったフラヴィオ・ボウソナロ氏が昨年11月まで所属していた、社会自由党(PSL)党員だ。

 アドリアーノ容疑者は1月31日に州内のリゾート地ポルト・デ・サウイペで逮捕されかけたが、警察が踏み込む前に逃れ、大農場に逃げこんだ。だが、同容疑者が脅迫されているというのを聞いた牧畜農業家が9日夜、デデ氏の農園まで連れて行った翌日、リオ州市警とバイア州軍警の合同作戦が行われた。両州警官は銃撃戦があったと言うが、近隣住民によると、警察が現場についた直後に銃声が響き、作戦は終わったという。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サルバドール市長》来年のカーニバル中止も=「ワクチン未完なら」と示唆2020年7月14日 《サルバドール市長》来年のカーニバル中止も=「ワクチン未完なら」と示唆  バイア州サルバドールのACMネット市長(民主党・DEM)は13日、新型コロナウイルスの影響により、「来年2月のカーニバルを見合わせる可能性がある」と言及した。13日付現地サイトが報じている。  ACMネット市長は13日の午前に行われた、新高架道の開通記念の記者会見で、「もし […]
  • 《ブラジル》外出自粛の中で誕生日を祝う=子や孫がマスクを着けて電撃訪問2020年4月15日 《ブラジル》外出自粛の中で誕生日を祝う=子や孫がマスクを着けて電撃訪問  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するために外出自粛令が出、家族や親戚、友人、知人と会う事もままならなくなっているが、何とかして相手への愛情を伝えようとしている人達がいる。  12日に80歳の誕生日を迎えたマリア・デ・ルルデスさんとその家族の話はその一例 […]
  • 《ブラジル》無症状者から感染広まる=接触者が無自覚、発症前でも2020年5月9日 《ブラジル》無症状者から感染広まる=接触者が無自覚、発症前でも  【既報関連】新型コロナウイルスの特徴の一つに、無症状の人や発症前の人からも感染する現象が指摘されている。また、検査結果で陰性と出た人や、軽症だと思っていた人が急激な症状悪化で苦しむ例も報告されている。7日付G1サイトがそんな例の一つを報じた。  サンパウロ市で書籍を […]
  • コロナ禍=感染者1万7857人、死者941人に=遺体取り違えの悲劇まで2020年4月10日 コロナ禍=感染者1万7857人、死者941人に=遺体取り違えの悲劇まで  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大が加速し、8日の感染者は2210人増え、死者は2日連続の100人越えとなる133人増を記録した。9日午後5時の保健省の発表によると、感染者は1万7857人、死者は941人に増えているが、医療現場での混乱で、遺体の取り違えまで起き […]
  • 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー2020年4月14日 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー  ブラジル音楽界を代表するミュージシャンの一人で、バンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー、モラエス・モレイラが13日、心不全によって死去した。72歳だった。  モレイラが亡くなったのは13日の午前6時頃と考えられている。彼はリオ市ガヴェア地区にある自宅でひとり暮ら […]