ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ市》マリエレ市議殺害事件=インターフォンに細工なし=大統領家門番の証言に矛盾

《リオ市》マリエレ市議殺害事件=インターフォンに細工なし=大統領家門番の証言に矛盾

 昨年10~11月に騒動を巻き起こした、ボウソナロ大統領一家が住むコンドミニアムの門番が、「マリエレ・フランコ元リオ市議殺害の共犯者がボウソナロ氏の許可を得た後、殺害犯の家に行った」と証言した件に関し、鑑識グループが、リオ州検察局が反証の証拠に使ったインターフォンに改ざんの痕はなかったと発表した。12日付現地紙が報じている。
 これは事件当日の2018年3月14日、マリエレ氏の殺害共犯者のエウシオ・デ・ケイロス容疑者が、ボウソナロ氏(当時下議)と同じコンドミニアムに住む殺害実行犯のロニー・レッサ容疑者の家に入る際、「58番」のボウソナロ氏の了承を得て敷地内に入ったとの証言が、門番によって行われたことで生じた騒動だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ