ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》文化支援法改正で支援上限が98%減額=文化事業に多大な影響?=公社のスポンサー打切りの中=最大の打撃はミュージカルか

《ブラジル》文化支援法改正で支援上限が98%減額=文化事業に多大な影響?=公社のスポンサー打切りの中=最大の打撃はミュージカルか

テラ市民相(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

テラ市民相(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 24日、市民省が連邦政府官報に、文化支援法(通称ルアネー法)の改定基準を掲載した。改定法ではプロジェクトへの支援上限が100万レアルに引き下げられ、従来の上限だった6千万レアルより98%も減るなど、文化界に新たな波紋を投げかけそうだ。25日付現地紙が報じている。

 新たな規定によると、一つのプロジェクトへの支援上限は、これまでの6千万レアルが100万レアルに減額される。また、一つの企業が支援を受けて実行できるプロジェクトは年16に制限され、支援総額の上限も6千万レアルが1千万レアルに引き下げられる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ