ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パルメイラス ブラジル杯で4度目の優勝=2020年度は三冠に輝く

《ブラジル》パルメイラス ブラジル杯で4度目の優勝=2020年度は三冠に輝く

優勝を決めて喜ぶパルメイラスの選手たち(Foto Lucas Figueiredo/CBF)

 7日、サッカーのブラジル杯の決勝戦第2試合が行われ、パルメイラスが第1戦に続いてグレミオに勝利し、優勝を飾った。8日付現地紙が報じている。コロナ禍で変則的に開催された2020年度だったが、パルメイラスはサンパウロ州選手権、ブラジル杯、リベルタドーレス杯の三冠にみごと輝いた。
 パルメイラスは2月28日に行われた敵地ポルト・アレグレでの第1試合でグレミオに1―0で勝利しており、有利な状態で、サンパウロ市西部にある本拠地、アリアンツ・パルケでの第2戦に臨んだ。
 両軍とも、前半から積極的にシュート攻勢をかけたが、堅いディフェンスに得点を阻まれ、前半は0―0で折り返した。

 だが後半8分、ゲームメーカーのラファエル・ヴェイガからのスルーパスを、ウェズレイが受けてシュートを決め、パルメイラスが先制した。
 あとのないグレミオはシュート攻勢をかけ続けるが、後半39分、逆にパルメイラスのカウンターを受け、ガブリエル・メニーノに2点目を決められ、万事休す。パルメイラスが5年ぶり4度目の優勝を決めた。
 この決勝で優勝したチームには、リベルタドーレス杯でのグループ・リーグへの出場資格が与えられるはずだった。だが、パルメイラスはリベルタドーレス杯で優勝したため、その時点ですでにその資格が与えられている。そのため、出場資格は全国選手権5位のフルミネンセに与えられた。
 同選手権で6位だったグレミオは、同7位のサントスとともに、グループ・リーグ入りを目指すべく、リ杯の予選ラウンドに参加しなければならなくなった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す2020年8月11日 サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す  8日、サッカーのサンパウロ州選手権の決勝が行われ、パルメイラスがPK戦の末にコリンチャンスを下し、8年ぶりの優勝を飾った。9日付現地紙が報じている。  5日にコリンチャンスの本拠地イタケロン・スタジアムで行われた第1戦は0―0で引き分け。2戦目は舞台をパルメイラスの […]
  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]