ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パルメイラス ブラジル杯で4度目の優勝=2020年度は三冠に輝く

《ブラジル》パルメイラス ブラジル杯で4度目の優勝=2020年度は三冠に輝く

優勝を決めて喜ぶパルメイラスの選手たち(Foto Lucas Figueiredo/CBF)

 7日、サッカーのブラジル杯の決勝戦第2試合が行われ、パルメイラスが第1戦に続いてグレミオに勝利し、優勝を飾った。8日付現地紙が報じている。コロナ禍で変則的に開催された2020年度だったが、パルメイラスはサンパウロ州選手権、ブラジル杯、リベルタドーレス杯の三冠にみごと輝いた。
 パルメイラスは2月28日に行われた敵地ポルト・アレグレでの第1試合でグレミオに1―0で勝利しており、有利な状態で、サンパウロ市西部にある本拠地、アリアンツ・パルケでの第2戦に臨んだ。
 両軍とも、前半から積極的にシュート攻勢をかけたが、堅いディフェンスに得点を阻まれ、前半は0―0で折り返した。

 だが後半8分、ゲームメーカーのラファエル・ヴェイガからのスルーパスを、ウェズレイが受けてシュートを決め、パルメイラスが先制した。
 あとのないグレミオはシュート攻勢をかけ続けるが、後半39分、逆にパルメイラスのカウンターを受け、ガブリエル・メニーノに2点目を決められ、万事休す。パルメイラスが5年ぶり4度目の優勝を決めた。
 この決勝で優勝したチームには、リベルタドーレス杯でのグループ・リーグへの出場資格が与えられるはずだった。だが、パルメイラスはリベルタドーレス杯で優勝したため、その時点ですでにその資格が与えられている。そのため、出場資格は全国選手権5位のフルミネンセに与えられた。
 同選手権で6位だったグレミオは、同7位のサントスとともに、グループ・リーグ入りを目指すべく、リ杯の予選ラウンドに参加しなければならなくなった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す2020年8月11日 サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す  8日、サッカーのサンパウロ州選手権の決勝が行われ、パルメイラスがPK戦の末にコリンチャンスを下し、8年ぶりの優勝を飾った。9日付現地紙が報じている。  5日にコリンチャンスの本拠地イタケロン・スタジアムで行われた第1戦は0―0で引き分け。2戦目は舞台をパルメイラスの […]
  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]
  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]