ホーム | Free | 鼓童メンバーが太鼓講座=海藤太鼓招聘、精神性伝える

鼓童メンバーが太鼓講座=海藤太鼓招聘、精神性伝える

案内に来社した矢野、海藤、金城美鳥さん

案内に来社した矢野、海藤、金城美鳥さん

 海藤太鼓(海藤洋平代表)が、日本を代表する太鼓グループの一つ「鼓童」の齊藤栄一さんを招聘し、サンパウロ市とアラサツーバ市でワークショップを開催する。サンパウロ市は10月20、21日、アラサツーバ市は27、28日に行われる。
 齊藤栄一さんは82年に鼓童メンバーになって以来、主要メンバーとして国内外の公演や様々なアーティストとの共演やレコーディングをこなしてきた。元気あふれる演奏で世界中の観客を魅了し続ける。太鼓合宿「鼓童塾」の塾長を務めるなどワークショップにも力を入れている。
 海藤代表は2010年から1年間、鼓童研修所で太鼓を学び、2015年からブラジルに鼓童メンバーを招聘しワークショップを開催してきた。本イベントに関し、海藤代表は「太鼓を通してチームで演奏する際の大事なことや太鼓演奏に重要な精神性が伝われば」と期待した。
 太鼓パレードの始動などに関わる矢野ペドロさんが協賛に加わり、同イベントを支える。矢野さんは「太鼓演奏の技術は伝わっているが、演奏において大切な精神を教える人は少ない。今回のワークショップが参加者の色々な学びに繋がることを期待する」と語った。 ワークショップは各日3つのテーマに分けて行なわれ、1つのテーマのみ受講することも可能。問い合わせは海藤太鼓(メール=contato@kaitotaiko.com.br、電話=12・98125・0019)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 海藤太鼓が主催する鼓童メンバー・斉藤英一さんのワークショップは、来社したときにはすでに枠の半分が埋まっていた。斉藤さんは初代メンバーの中で唯一、同グループで演奏を続け、鼓童の精神を伝えているそう。ブラジルの太鼓グループも日本の太鼓コンクールで4位に入賞するなど、実力は日本の太鼓グループに引けをとらない。今回のワークショップでは太鼓演奏において大切な『精神』を重視する。グループの指導者や、行き詰っている人は参加してみては。太鼓演奏における新たな視点が開けるかも? 早めの申込みを。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 琴演奏会=赤木、北原の競演=今日2日、千葉県人会で2011年11月2日 琴演奏会=赤木、北原の競演=今日2日、千葉県人会で ニッケイ新聞 2011年11月2日付け  日本音楽の普及を目指し、海外諸国で琴の演奏を披露する赤木静香さん(58、岡山)が琴奏者北原民江さんと競演し、2日午後2時から千葉県人会(Rua Nelson Fernandes, 247, […]
  • コラム 樹海2014年1月8日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年1月8日  劇団『現代座』の木村快代表=東京在住=は6回も来伯し、計1年間にわたって聞き取りを重ね、昨年『共生の大地アリアンサ』(同時代社)を刊行した。20年越しの労作であり、邦字紙記者として頭が下がる▼この本には次から次へと「生きているうちに、もっと […]
  • 刊行物2007年3月30日 刊行物 2007年3月30日付け […]
  • ごあいさつ=ブラジル伝道庁=庁長  村田雄治2011年6月18日 ごあいさつ=ブラジル伝道庁=庁長  村田雄治 ニッケイ新聞 2011年6月18日付け  真柱様、奥様のご臨席を賜り、来賓の方々、また遠近を問わず全伯より大勢のようぼく・信者のご参拝を頂いて、伝道庁創立60周年記念祭のおつとめを滞りなく勤めさせて頂きましたことは、この上ない喜びであります。 […]
  • コラム オーリャ!2003年2月26日 コラム オーリャ!  この週末は、各伯字紙に東京のデカセギ・シンポの記事が掲載されたが、どこか他人事風だった。むしろ、それに先立つ十三日のフォーリャ紙意見欄にあった在東京のクローヴィス・ロッシさんの投稿は興味深かった。 […]