ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》財政目標見直し余波=たった7年で15年分の黒字がゼロに=14~20年で8千億レ超の赤字=支出抑制だけでは不十分=与党内からも厳しい声

《ブラジル》財政目標見直し余波=たった7年で15年分の黒字がゼロに=14~20年で8千億レ超の赤字=支出抑制だけでは不十分=与党内からも厳しい声

ジオゴ・オリヴェイラ企画相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

ジオゴ・オリヴェイラ企画相(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

 【既報関連】今年から2020年にかけての政府の基礎的財政収支目標が赤字幅拡大の方向に変更されたため、1999年のカルドーゾ政権時代から積み重ねてきた財政黒字が2020年で全て吐き出されると17日付現地各紙が報じた。

 ブラジルは1999年から2013年までの15年間にわたって基礎的財政収支で黒字を計上し続け、その総額は8016億レアルに達していた。社会保障費では赤字が出ていたものの、国庫、中銀会計の黒字でカバーできていたため、全体での黒字計上は15年間続いていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ