ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》行革PEC=公務員新規採用を取りやめ=公務員に改革認めさせるため=現職員の待遇は変えないとも

《ブラジル》行革PEC=公務員新規採用を取りやめ=公務員に改革認めさせるため=現職員の待遇は変えないとも

パウロ・ゲデス経済相(World Economic Forum/Ciaran McCrickard)

 【既報関連】行政改革のための憲法補足法案(行革PEC)を成立させるため、政府は、国家公務員の新規募集を止め、議員たちからの賛成を取り付けるための取引材料にしようとしていると、17日付現地紙が報じた。
 行革PECには、国家公務員の厚遇を削り、不採算事業や部署を縮小する形の組織再構築(リストラ)を行うための内容が含まれている。昨年成立した社会保障制度改革に続き、現政権が今年中に成し遂げたい課題だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ