ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》年金、恩給の受給申請の審査速度が上がらず=障がい恩給の処理に大きな遅れ

《ブラジル》年金、恩給の受給申請の審査速度が上がらず=障がい恩給の処理に大きな遅れ

 【既報関連】ブラジル連邦政府が「INSS受給申請後の審査待ちの人数は減っている」と表明してはいるが、審査結果を期限内に知らされた申請者の数はむしろ減っていると、19日付現地紙が報じた。
 現地紙の調べによると、申請処理の遅れで最も被害を受けているのは、定年退職による年金受給申請者と、経済的により困窮している、障がい者恩給や高齢恩給の申請者たちだ。
 受給申請の返事を受け取れた申請者の数は、昨年9月の110万人弱以降、98万7千人(10月)、83万人(11月)、76万3千人(12月)と月を追うごとに減っている。受給申請から45日以上経っても返答を受け取れていない人の数は、18年7月の170万人をピークに減り始め、昨年12月には134万人になった。
 しかし、今年1月末現在では、その数は僅かながら増え、138万人となった。大きく増えなかったのは、新規申請者も若干減ったからだ。
 1月末現在で審査待ちの人をタイプ別に見ると、審査遅れの人数が最も多いのは、障がい者恩給(BPC)申請者で42万人以上もいる。
 その次が積立年数に基づく年金受給申請者の40万人で、その次は年齢に基づく年金受給申請者の21万7千人だ。
 政府は、申請受付の窓口業務に軍人を就け、INSS職員を審査に専念させることで、処理速度を上げるとしてきたが、この計画は手続き上の問題で実行されていない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ゲイパレードも延期=コロナ封鎖目前のサンパウロで2020年3月21日 ゲイパレードも延期=コロナ封鎖目前のサンパウロで  新型コロナウイルスの流行で、大きなイベントが続々と、中止や延期となっているが、「南米最大規模」のゲイパレードも11月への延期を発表した。  サンパウロのパウリスタ大通りで毎年6月に開催されているゲイパレードは、南米では最大規模と言われ、毎年、入場者数の記録を更新していたが、 […]
  • サンパウロ州も非常事態宣言=公園やポウパテンポが閉鎖2020年3月21日 サンパウロ州も非常事態宣言=公園やポウパテンポが閉鎖  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は20日、同州の非常事態宣言を行い、今日21日から正式に有効にするとした。20日付現地サイトが報じている。  ドリア知事は20日、バンデイランテス宮で記者会見を行い、今回の宣言は州民にパニックを起こさせるためのものではなく、州や州内645の […]
  • 《ブラジル》コロナショックで調査に影響=訪問調査、現場調査を中断2020年3月21日 《ブラジル》コロナショックで調査に影響=訪問調査、現場調査を中断  【既報関連】ブラジルでは、コロナウイルスによる災禍拡大で、人ごみや外出を避けるようにと推奨されているため、ブラジル地理統計院(IBGE)は、労働市場調査、全国家庭サンプル調査(Pnad)の訪問調査と、広範囲消費者物価指数(IPCA)算出のための価格の現場調査を一時停止した。2 […]
  • 大統領三男がまた問題発言=コロナは中国の陰謀論語る2020年3月20日 大統領三男がまた問題発言=コロナは中国の陰謀論語る  大統領三男のエドゥアルド・ボウソナロ下議がコロナウイルスに関して行ったツイートが中国大使館を怒らせ、外交問題を懸念させるものになっていると、19日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。  エドァウルド氏は18日、コロナウイルスの感染拡大に関して、1986年のソ連(当時)での […]
  • 《サンパウロ市》血液不足で血液センターが危険な状態に=コロナウイルス感染恐れ、外出避けた影響で2020年3月20日 《サンパウロ市》血液不足で血液センターが危険な状態に=コロナウイルス感染恐れ、外出避けた影響で  新型コロナウイルスの拡散を防ぐため、ブラジル国内でも外出を避け、自宅にとどまることが推奨されている中、サンパウロ病院とIBCC腫瘍学センターでは、輸血用の血液のストック量が減り、18日には「危険な状態」とされるレベルに達した。医療機関によると、外出を避けるように周知されている […]