ホーム | ブラジル国内ニュース | CBF=ファイナンシャルフェアプレー制度の導入を検討=違反チームには降格処分も

CBF=ファイナンシャルフェアプレー制度の導入を検討=違反チームには降格処分も

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)に関する規約などを盛り込んだ、国内サッカー界の規約変更案を今月28日にも各チーム代表者による投票にかける予定と、20日付現地紙が報じた。
 詳細はまだ検討中だが、違反したチームには、強制降格、選手補強の禁止措置、大会からの除外などを含む厳しい措置も検討されている。CBFは詳細への明言を避け、今月28日に予定されている、5月開幕の全国選手権ルール会議で各チームに諮る意向だ。
 導入が検討されるFFPは、欧州では既に導入されている。「選手獲得にかかる移籍金や有力選手への高額給与などの支出が、収入を上回ってはならない。金満オーナーのポケットマネーでの補填は不可」というものだ。最近はFFP違反により、マンチェスター・シティ(イングランド)に、2シーズンの国際大会出場禁止処分が科せられた。
 CBFは3カ月おきに各チームから会計報告を提出させ、過剰な支出や給与の支払い遅れなどが起きていないかをチェックする。
 しかしながら、本格的な運用開始は4年後をめどとしており、いきなり罰則とはならない。今年中は、各チームの会計監査は行われるが、罰則適用はなく、指導を受けるだけだ。
 CBFは、負債や収入見通しなどを基にした、チーム財政の健全性ランキングを作成。これによる評価が低いチームは、最悪の場合、強制降格や補強禁止、大会締め出しなどの処分を受ける。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》東京五輪出場選手らにワクチン接種開始=約1800人が対象に2021年5月12日 《ブラジル》東京五輪出場選手らにワクチン接種開始=約1800人が対象に  11日、保健省は東京オリンピック・パラリンピックに出場する選手や監督などの関係者全員に、新型コロナのワクチン接種を行うことを正式に発表した。11日付現地サイトが報じている。  この件に関する記者会見は11日に行われた。マルセロ・ケイロガ保健相はこの席で、「選手たちに […]
  • 東西南北2021年5月12日 東西南北  10日、サンパウロ市ベラ・ヴィスタ区で、3歳の男の子が壁に打ち付けられて死亡する事件が起きた。容疑者と見られる少年の母親は茫然自失の状態でシャワーを浴びており、精神科の救急外来に入院した。同居していた祖母によると、少年は彼女と共にテレビを見ていた。だが、午前9時頃、台所にいた […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 東西南北2021年5月8日 東西南北  9日はサッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグの最終節(第12節)の8試合が一斉に行われる。今回は波乱の大会で、すでにサントスが決勝トーナメントに進めずに脱落決定。この日の結果によっては、同選手権での2部降格もあり得る状態になっているほか、パルメイラスも結果いかんで決勝ト […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]