ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 一般財団法人・日伯協会(三野哲治理事長)が発行する会報『ブラジル』第986号が1月に発行された。中でも「ナショナリズムの表徴としてのカシャッサ」(田所清克京都外語大名誉教授)には感服。いわく《辞書や書物に当たると、実に700以上ものカシャサの同義語があることに驚かされる》とあり、具体的にポ語で「心を開くもの」「喧嘩の水」「小鳥が飲まない水」「聖者の小便」というものまであるとか。《言い得て妙なものがある一方で、中には滑稽なものや不味くなる名称もある》ともあり、確かにその通り。ブラジル中を探しても700通りもの愛称を持つ酒は他にないかも。カシャサ(ピンガ)という飲み物には「ブラジル人性」が蒸溜、凝縮されているようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2020年2月7日 大耳小耳      ◎  俳誌『朝蔭』483号が1月に刊行された。《どの木にも金の花咲く十二月》(杉本君枝)は、金色の飾りがいっぱい付けられたクリスマスツリーの様子を風流に詠ったもの。《火酒を酌みトライラ揚を歯切れよく》(菅野繁)は酒飲みには応えられない句。カリカリに挙げたトライラはピ […]
  • ミネイロの極上のおもてなし – O Mineiro Prime2019年12月7日 ミネイロの極上のおもてなし – O Mineiro Prime  「ミナス料理が美味しい!」という話は、サンパウロ市でよく聞く。その代表格の一つが『O Mineiro Prime』で、店主ウィルソン・ジアス・デ・オリヴェイラさん(44、ミナス・ジェライス州セナドール・フィルミーノ市出身)は「日本人客も多いよ」とうなずく。 […]
  • 《サンパウロ州バルエリ市》路上生活者4人が毒物で死亡=入院含む被害者は合計9人=「貰った飲み物分けた」と供述2019年11月19日 《サンパウロ州バルエリ市》路上生活者4人が毒物で死亡=入院含む被害者は合計9人=「貰った飲み物分けた」と供述  サンパウロ大都市圏バルエリで16日の朝、路上生活者ら4人が死亡する事件が起こった。毒物を飲んだことが死因と見られている。17、18日付現地各紙が報じた。  亡くなったのはエジソン・ダ・シウヴァ氏(40)、ルイス・ダ・シウヴァ氏(49)、マルロン・ゴンサウヴェス氏(3 […]
  • グラッサ・ミネイラ=日系人客が3割占めるミナス料理店2019年7月6日 グラッサ・ミネイラ=日系人客が3割占めるミナス料理店  「うちのお客様は3~4割が日系人や日本人。ミナス料理が好きな日本人は多いのよ」――創業者のマリア・ダス・グラッサス・オリヴェイラ・ホッシさんは、笑顔でそう語った。  「グラッサ・ミネイラ」は、メトロのサンタクルス駅から徒歩5分程度の好立地にある。店の外に […]
  • ア・ラ・カルテ・ミネイロ=サンパウロ市でミナスの醍醐味を味わう2019年5月25日 ア・ラ・カルテ・ミネイロ=サンパウロ市でミナスの醍醐味を味わう  メトロのサンジューダス駅から歩いて10分程、明るい黄色の建物が見える。店内に入ると広く落ち着いた雰囲気だ。  サンパウロ市ブルックリン区で2006年に創業し、今では市内に3店舗を構える。サンジューダス店は2つ目で、1日あたり約180人が来店する人気店だ。  創業者 […]