ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ三男=側近が虚偽情報サイトの利用者=利用登録のアドレスが一致=下議停職1年の処分も受ける

《ブラジル》ボウソナロ三男=側近が虚偽情報サイトの利用者=利用登録のアドレスが一致=下議停職1年の処分も受ける

エドゥアルド下議(Agencia Brasil)

 フェイクニュース(虚報)に関する両院調査委員会(CPMI)が入手した資料により、大統領三男のエドゥアルド・ボウソナロ下議(社会自由党・PSL)の側近が、下院のコンピューターとメールアドレスを使って、政敵を攻撃するためのサイトを開設、利用していたことが発覚した。4、5日付現地紙、サイトが報じている。
 問題のサイトは「ボウソフェイオス」というインスタグラムで、ジャーナリストや最高裁判事、ロドリゴ・マイア下院議長ら、ボウソナロ一家の政敵と見られる人物を、虚偽情報を交えて批判していたもののひとつだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ