ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 徳力啓三著『知っておきたい日本の歴史』の30ページには、《「ニッポン」と「ニホン」のどちらが正しい発音でしょうか》という気になる一文があった。答えは《どちらでも良い》だが、その名前の変化の経緯が興味深い。いわく《古くは「ニッポン」だったのが、短く「ニホン」と発音するようになった》とか。のちに《中国で「ジッポン」と言う発音も行われていたのを、西洋人が聞き、「ジパング」に》。それが西洋的に訛って「ジャパン」になったそう。つまり、日本カントリークラブの「ニッポン」は、いにしえからの発音を残す貴重なブラジルの施設といえそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 全伯囲碁名人戦=11歳少年勝ち進む2004年3月31日 全伯囲碁名人戦=11歳少年勝ち進む 3月31日(木)   第十五回全伯囲碁名人戦三段戦が、二十八日、日本棋院南米本部会館で行われ、野上三段と十一歳の山下ファビオ二段が勝ち、四段戦進出を決めた。 […]
  • 麻野涼=ミステリー『死の刻』=ブラジルから謎の爆破予告2013年11月30日 麻野涼=ミステリー『死の刻』=ブラジルから謎の爆破予告 ニッケイ新聞 2013年11月22日  臓器売買をめぐる医療サスペンス『死の臓器』に続いて、本紙OBの麻野涼氏が今度は社会派ミステリー『死の刻(とき)』(680円)を同じく文芸社文庫から書下ろし刊行した。 […]
  • 〜OBからの一筆啓上〜邦字紙の使命と安定した存続=六角昌文(元日伯毎日新聞記者)2011年9月14日 〜OBからの一筆啓上〜邦字紙の使命と安定した存続=六角昌文(元日伯毎日新聞記者) ニッケイ新聞 2011年9月14日付け  若者は将来の夢や希望に胸を膨らませ、老人は過去の自分に思いを馳せて生きるもののようだが、自分も寄る年波には抗し切れず老境に入ったのもあって、過去の思いに耽ることが多い。 […]
  • 移住者協会=定期総会、15日に=一般の参加も呼びかけ2009年3月12日 移住者協会=定期総会、15日に=一般の参加も呼びかけ ニッケイ新聞 2009年3月12日付け  ブラジル・ニッポン移住者協会(小山昭朗会長)は定期総会を十五日午前十時半から、宮城県人会館(ファグンデス街152)で開く。第二次召集は午前十一時。 […]
  • コラム オーリャ!2008年6月4日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年6月4日付け  聖郊有数の日系集団地サンベルナルド市で、先月末、市独自の百周年式典が挙行された。国内各地の式典の皮切りとなったこの日、市の顕彰を受けた人達が壇上の来賓と親しげに握手を交わす姿が印象的だった。 […]