ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領と議会がまたも対立=国家歳出200億レアル増に経済相は憤慨

《ブラジル》大統領と議会がまたも対立=国家歳出200億レアル増に経済相は憤慨

 ブラジルの社会保障制度、低所得高齢者や身障者の特別恩給(BPC)に関して、ボウソナロ大統領が行使した拒否権が、11日の両院合同本会議で否決された。歳出が増えることに憤慨したパウロ・ゲデス経済相は翌12日、最高裁や会計検査院(TCU)に訴えると語ったと、11~13日付現地各紙・サイトが報じた。
 BPCに関する大統領の拒否権行使を認めるか否かを諮る11日の両院合同本会議で、上院は45対14、下院は302対137で大統領の拒否を拒否した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ