ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》PSL元党首のベビアノ氏急逝=リオ市長選出馬の目前に倒れる

《ブラジル》PSL元党首のベビアノ氏急逝=リオ市長選出馬の目前に倒れる

政権移行作業の頃のベビアノ氏(右)(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

 ボルソナロ氏の大統領選当選を可能にした立役者の一人だが、大統領次男でリオ市議のカルロス氏との確執などで大統領府総務室長官を更迭されたグスターヴォ・ベビアノ氏(56、民主社会党・PSDB)が、14日に急逝したと15、16日付現地紙が報じた。
 ベビアノ氏は、社会自由党(PSL)創設者のルシアノ・ビヴァル氏の休職時に党首を務め、大統領選への公認直前まで所属政党が決まらずにいたボルソナロ氏を受け入れて出馬を可能にした上、選挙中も、汚職撲滅を叫ぶなどしてボルソナロ氏を支え続けた。
 その功績を買われ、新政権発足時には大統領府総務室長官として入閣したが、統一選時に選挙資金の割り振りを指揮していたため、PSLが名ばかりの候補者を擁立し、選挙資金を不正に受領したとの疑惑の責任を問われたりして、長官就任からわずか49日間で更迭された。
 いわれのない批判の的にされ、長官職も解任されたベビアノ氏は、PSLを離党。ボルソナロ大統領や息子達を批判する側に立った。正式公認はまだだったが、10月のリオ市市長選にはPSDBの候補として出馬する事も決まっていた。
 だが、ベビアノ氏の心の傷は癒えておらず、リオ州山間部テレゾポリスにある農園で過ごしていた14日未明、心筋梗塞を起こし、病院に運ばれたが、他界した。
 市長選での討論などをリードすると期待されていたベビアノ氏の早過ぎる死に、PSDBリオ州支部長のパウロ・マリーニョ氏は「彼は悲しみ故に逝った」と嘆いた。15日に公開された大統領宛ての手紙には、「1度として大統領を裏切った事はなかった」などと書かれていたが、大統領は同氏の死について、何もコメントしていない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大2020年10月15日 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大  ボルソナロ大統領は13日、交通法改正案を一部拒否権を行使しつつ裁可した。14日付連邦官報に掲載された同改正法では、運転免許証(CNH)の有効期限延長や、ポイント数を40に拡大することなどが盛り込まれている。公布から180日後に発効。13日付G1サイトなどが報じた。 […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり2020年10月14日 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり  世界保健機関(WHO)は13日、ブラジルでのコロナ感染が減速傾向にあるとの見解を表明した。ただし、ブラジルの感染者や死者は今も高どまりの状態にあり、12日の感染者は510万3408人、死者も15万689人に達している。  WHOの見解は13日付のTVニュースなど […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]