ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 変異株の影響で、サンパウロ州でもコロナウイルスによる死者が過去最高レベルを日々更新するほどの惨状となっているが、思わぬところでも感染を拡大させる事態が起きていた。サンパウロ市東部にあるヴィラ・フォルモーザ霊園で、2週間ほど前から、貯水槽のメンテナンスのために、通夜などが行われる区画で水が出ず、トイレも使えない状態になっていた。同霊園は南米最大で、今年は1日平均45人が埋葬されている。市公務員組合では、コロナ禍なのに、葬儀に来たら、トイレに水がなく手も洗えないし、人が列をなしているでは、感染拡大に一役買っているようなものと苦言を呈した。8日には回復したようだが、死者急増による埋葬場所確保の問題もあるだろう。死者減少は1カ月以上後とも言われている。葬儀関係者にとっても、現在の状況はかなり危機的だ。
     ◎
 パンデミックの影響でほぼ1年間営業が止まっているクルーズ船業界だが、関係者は10月頃からの業務再開を目指しているという。当面は5月頃に「ワクチン接種者のみを対象」にして徐々に船を出航させはじめ、ワクチンがより本格的に行き届いた10月には、ということなのだろう。クルーズ船の利用者は高齢者が多いから、70歳以上のワクチン接種のめどが立った故の見通しだろう。クルーズ船はパンデミックの初期、大量感染の場ともなり大打撃を受けた。
     ◎
 10日のサッカーのリベルタドーレス杯予選ラウンド。グレミオは本拠地ポルト・アレグレでのアジャクチョ戦に6―1で圧勝。同カードの次戦は16日に敵地ペルーで行われるが、6点差をつけられて負けない限り逆転はされないので、気分的にはかなり楽だ。次戦で勝てば、グレミオはグループ・リーグに進出できる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 東西南北2021年6月16日 東西南北  サンパウロ州政府が13日に「16日から50代のコロナワクチン接種開始」と発表したが、接種の最終的な責任者である市の対応は、地域毎に若干異なる。サンパウロ市では14日から50代を対象とした接種をはじめたが、「50代ならどの日でも接種できる」というものではなく、年齢別に日が決めら […]
  • 東西南北2021年6月11日 東西南北  サッカーのコパ・アメリカの開幕予定が13日に迫っているが、ギリギリまでまだどうなるかはわからない状況が続いている。最高裁が10日、開催を認めるか否かを審理して開催許可の判断を下した。だが、同杯協賛スポンサーでクレジットのマスターカード、飲料大手のアンベヴといった大企業が、会社 […]
  • 東西南北2021年6月9日 東西南北  在任中はいたって不人気で、昨年の選挙に敗れ、1期のみの任期で終わった前リオ市長のマルセロ・クリヴェラ氏が、南アフリカ駐在のブラジル大使に指名されていたことが明らかになった。同じ保守派であり、リオに政治拠点を置いていることで、市長選でも強い支持を行っていたボルソナロ大統領の計ら […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]