ホーム | Free | 豊田豊さん展覧会11日から=不思議な視覚体験を楽しんで

豊田豊さん展覧会11日から=不思議な視覚体験を楽しんで

豊田さん

 環境芸術家の豊田豊さんは展覧会を11日(月)から、サンパウロ州サンカエターノ・ド・スル市のピナコテッカ・ムニシパル(Av. Dr. Augusto de Toledo, 255 – Santa Paula)にて開催する。来年の1月31日まで。開館時間は月~金曜日が午前9~午後5時、土曜日が午後1時まで。日曜日は休館。入場無料。
 豊田さんが「回顧展」と称する今展覧会では、半世紀以上にわたって制作活動を続ける豊田さんの作品が並ぶ。
 表面が磨かれ、鏡のようになったステンレスに周囲の風景や色を映し、目の錯覚を利用した不思議な体験ができる。高さ6メートルの彫刻作品も。
 豊田さんは「不思議な視覚の体験を楽しんでほしい」と来場を呼びかけた。
 9日には関係者のみの招待で開会式を行う。
 展覧会に関する問い合わせは豊田ジャニさん(電話=11・99177・7936)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 11日から展示会を行う環境芸術家の豊田豊さんは、ブラジル移住後しばらくは絵を描いていた。だがイタリアに移って数年ほど制作活動をした際に、著名な彫刻作品を実際に見て、2次元で表現する絵画に対し、3次元での表現の可能性にひかれ、現在の作風に至る大きな転機になったとか。「テレビで見ていた作品も、生で見ると印象が大きく違った」という。作品の真の価値は、自分で見てこそ分かるのかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■豊田ルミさん2020年3月12日 ■訃報■豊田ルミさん  サンパウロ州サンカエターノ市在住で、ブラジル愛知県人会の元会長、元愛知県費留学生の豊田(とよだ)ルミさんが、10日午後11時にマリア・ブライド病院で亡くなった。  死因は胆のうがんで、1カ月程前から入院していた。癌が進行し手術を行うことも難しい状態だったという。享年 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]
  • 県連故郷巡りカリフォルニア=150周年、満砂那(マンザナー)に平和を祈る=《4》=伯米日系社会に共通した迫害体験2019年5月8日 県連故郷巡りカリフォルニア=150周年、満砂那(マンザナー)に平和を祈る=《4》=伯米日系社会に共通した迫害体験  戦時中のアメリカ本土の二世は、『アメリカ人として国のために戦ってもいい。でも、それなら自分たちをちゃんとアメリカ人として扱い、家族を強制収容所から出して、元の生活に戻してくれ』と反論した。ロッキーさんは「強制収容は憲法違反だと訴え、逆に逮捕されたりしています。その訴え […]
  • ■ひとマチ点描■五世まで集まる新年会2020年2月15日 ■ひとマチ点描■五世まで集まる新年会  「うちの新年会では、一世から五世まで集まるんですよ」。来社したサンパウロ州サンカエターノ市在住の寺田専登(せんと)さん(87、二世)はそう言うと、今月2日にスザノ市の北川家で行われた親族恒例の新年会の写真を見せた。  この新年会は、親族である寺田家、日野 […]
  • 【2016年移民の日特集号】リオ五輪=さあ、みんな応援しよう!=出場しそうな日系代表選手=期待の14人を一挙紹介2016年6月25日 【2016年移民の日特集号】リオ五輪=さあ、みんな応援しよう!=出場しそうな日系代表選手=期待の14人を一挙紹介  開催まで50日を切ったリオ五輪。南米大陸初開催となるスポーツの祭典には、移民が普及に貢献した柔道や卓球など、複数種目に日系人も出場する予定だ。意外な競技や滞日経験のある非日系まで、判明した限り掲載する(6月13日時点)。日本人選手だけでなく、ぜひ日系選手もコロニアを挙げて応援 […]