ホーム | Free | 豊田豊さん展覧会11日から=不思議な視覚体験を楽しんで

豊田豊さん展覧会11日から=不思議な視覚体験を楽しんで

豊田さん

 環境芸術家の豊田豊さんは展覧会を11日(月)から、サンパウロ州サンカエターノ・ド・スル市のピナコテッカ・ムニシパル(Av. Dr. Augusto de Toledo, 255 – Santa Paula)にて開催する。来年の1月31日まで。開館時間は月~金曜日が午前9~午後5時、土曜日が午後1時まで。日曜日は休館。入場無料。
 豊田さんが「回顧展」と称する今展覧会では、半世紀以上にわたって制作活動を続ける豊田さんの作品が並ぶ。
 表面が磨かれ、鏡のようになったステンレスに周囲の風景や色を映し、目の錯覚を利用した不思議な体験ができる。高さ6メートルの彫刻作品も。
 豊田さんは「不思議な視覚の体験を楽しんでほしい」と来場を呼びかけた。
 9日には関係者のみの招待で開会式を行う。
 展覧会に関する問い合わせは豊田ジャニさん(電話=11・99177・7936)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 11日から展示会を行う環境芸術家の豊田豊さんは、ブラジル移住後しばらくは絵を描いていた。だがイタリアに移って数年ほど制作活動をした際に、著名な彫刻作品を実際に見て、2次元で表現する絵画に対し、3次元での表現の可能性にひかれ、現在の作風に至る大きな転機になったとか。「テレビで見ていた作品も、生で見ると印象が大きく違った」という。作品の真の価値は、自分で見てこそ分かるのかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献2020年7月24日 ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献  ボサノバや映画のシネマ・ノーヴォに貢献したことで知られる歌手、作曲家のセルジオ・リカルドが23日、入院先のリオの病院で亡くなった。88歳だった。  1932年にサンパウロ州内陸部マリリアで生まれたセルジオは8歳から音楽を学びはじめ、1950年にリオに移り音楽活動を開 […]
  • 東西南北2020年6月9日 東西南北  ボルソナロ大統領に強い影響力を持つ極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が7日未明に突如、大統領を批判するツイートを流した。同氏は以前から「大統領が自分を擁護してくれない」と不満を述べており、「政権を倒す」とまで書き、騒然となった。だが、同日夜には「大統領を100%信頼す […]
  • コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに2020年3月31日 コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに  サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポのオルランド・モランド市長(民主社会党・PSDB)が新型コロナウイルスに感染した上、体調が悪化して集中治療室(UTI)に入院したことが明らかになった。29日付現地サイトが報じている。   サンベルナルド市役所によると、モランド市長 […]
  • また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説2020年3月20日 また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説  先週末からのブラジル政界の展開があまりにも怒涛で、早くも忘れられがちであるが、14日午前、グスターヴォ・ベビアーノ氏が心臓発作で急死した。  死は自宅で突如襲われ、同氏の息子の眼の前で亡くなったと言うが、これをめぐり、「本当に自然死なのか」と怪しむ声が少なくなかった […]
  • ■訃報■豊田ルミさん2020年3月12日 ■訃報■豊田ルミさん  サンパウロ州サンカエターノ市在住で、ブラジル愛知県人会の元会長、元愛知県費留学生の豊田(とよだ)ルミさんが、10日午後11時にマリア・ブライド病院で亡くなった。  死因は胆のうがんで、1カ月程前から入院していた。癌が進行し手術を行うことも難しい状態だったという。享年 […]