ホーム | Free | 豊田豊さん展覧会11日から=不思議な視覚体験を楽しんで

豊田豊さん展覧会11日から=不思議な視覚体験を楽しんで

豊田さん

 環境芸術家の豊田豊さんは展覧会を11日(月)から、サンパウロ州サンカエターノ・ド・スル市のピナコテッカ・ムニシパル(Av. Dr. Augusto de Toledo, 255 – Santa Paula)にて開催する。来年の1月31日まで。開館時間は月~金曜日が午前9~午後5時、土曜日が午後1時まで。日曜日は休館。入場無料。
 豊田さんが「回顧展」と称する今展覧会では、半世紀以上にわたって制作活動を続ける豊田さんの作品が並ぶ。
 表面が磨かれ、鏡のようになったステンレスに周囲の風景や色を映し、目の錯覚を利用した不思議な体験ができる。高さ6メートルの彫刻作品も。
 豊田さんは「不思議な視覚の体験を楽しんでほしい」と来場を呼びかけた。
 9日には関係者のみの招待で開会式を行う。
 展覧会に関する問い合わせは豊田ジャニさん(電話=11・99177・7936)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 11日から展示会を行う環境芸術家の豊田豊さんは、ブラジル移住後しばらくは絵を描いていた。だがイタリアに移って数年ほど制作活動をした際に、著名な彫刻作品を実際に見て、2次元で表現する絵画に対し、3次元での表現の可能性にひかれ、現在の作風に至る大きな転機になったとか。「テレビで見ていた作品も、生で見ると印象が大きく違った」という。作品の真の価値は、自分で見てこそ分かるのかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 安慶名栄子著『篤成』(29)2021年6月26日 安慶名栄子著『篤成』(29)  裁縫で生計を立て、最大限に節約しながら貯めたお金で洗濯屋を購入しました。ヴィラ・マリアーナという地区で、ある日本人の叔父さんがもう年なのでお店を譲る決心をしたという事なのでした。叔父さんは容易な分割払いを認めて下さり、私たちは中二階に寝床を添え、お店で暮らすようになりました。 […]
  • 〝永遠のデプタード〟下本八郎氏=コロナ入院後に85歳で逝去2021年6月23日 〝永遠のデプタード〟下本八郎氏=コロナ入院後に85歳で逝去  6期24年間もサンパウロ州議会議員を務めた下本八郎氏が21日午後10時、シリオ・リバネス病院で死去した。行年85歳。新型コロナウイルスにかかり5月17日に入院。コロナは一週間ほどで治ったが、持病の糖尿病が悪化、年齢もあって回復せず、あえなく亡くなった。政治家を辞めた後 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(24)2021年6月15日 安慶名栄子著『篤成』(24)  さて、バナナ栽培に携わっていた農夫たちの人生は、左程負担ばかりの人生でもありませんでした。多くの日本人の家族が地域で一緒に暮らしていましたが、共に働き、皆助け合いの精神で頑張っていました。特に沖縄県人は、現在までそうであるように、集まって歌い踊るのが大好きでした。子供が生まれ […]
  • 《ブラジル》コロナ月間死者数大幅に記録更新=感染の再拡大に懸念強まる=Covaxのワクチン到着2021年5月4日 《ブラジル》コロナ月間死者数大幅に記録更新=感染の再拡大に懸念強まる=Covaxのワクチン到着  ブラジルでの新型コロナ感染第2波は一時ほどの勢いを失い、米国の大学が立てた4月に10万人死亡という最悪のパターンには至らなかったが、4月の死者は8万2266人となり、3月の6万6573人を大幅に更新した。感染者191万264人は、3月の219万7488人に次ぐ記録とな […]
  • 東西南北2021年4月15日 東西南北  コロナワクチンの最新の接種者数を示すVacinometroを用意している州が多いが、サンパウロ州で13日午後13時現在のワクチン接種率が最も高い市はフローラ・リカで、市内のほぼ3分の1にあたる33・2%の人が接種を受けた。上位は主に人口の少ない市だが、大都市ではサンカエターノ […]