ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 フェルナンド・ハダジ聖市市長は7日付アゴラ紙のインタビューに答え、その席で、無賃乗車運動が9日にバス運賃が値上下されたことに対するデモを行うと宣言したことに対し、「インフレ幅ほど上がらなかったうえに、学生の無料化という画期的なこともやろうとしているのに、なぜこのような反対運動にあわなくてはならないのか理解できない」と語った。そして、そのうえで、「今こそ、ビレッテ・ウニコ定期券を使うべきだ。バスならそれでひと月に41回以上乗るのが可能なのだが」と呼びかけた。13年の値上げ中止で実質3年ぶりの値上げとなったバス料金だが、市長の思いは市民に届くか。
     ◎
 きょう8日、ペルナンブッコ州の31人の学生を対象に、国家高等試験(ENEM)の2度目のやりなおし試験が行なわれる。ENEMは昨年11月8、9日に行なわれたが、この学生たちの受験会場は電気がつかず、受験できなくなっていた。その再試験は1カ月後の12月9、10日に行われたが、今度は、その学生たちの解答用紙と作文を乗せたトラックがリオで強盗に襲われるトラブルにあった。今度はうまくいきますように。
     ◎
 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、16年に五輪を迎えるリオについて「準備はいいペースで進んでいる」とほめた。もっとも、以前は「準備が遅れている」と厳しい注文をつけていた。今年は五輪前年ということで約20項目ものチェックが行われるということだが、ほめることでやる気を出させる作戦かもしれない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月11日 東西南北  7日の大統領選一次投票後、ジャイール・ボウソナロ氏の支持者による暴力犯罪が多発している。9日付本面では、バイア州でハダジ氏支持のカポエラ師がボウソナロ支持者に刺殺されたことを伝えたが、8日にはリオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで、ボウソナロ氏に反対する女性の運動「エレ […]
  • 東西南北2017年4月1日 東西南北  今日1日より、サンパウロ市内南部を走るいくつかの路線のバスが、料金徴収係(コブラドール)を伴わない運転を開始する。コブラドールを採用している国はもう珍しくなっているが、サンパウロ市ではハダジ前市長もドリア市長も、人件費削減などの観点からビリェッテ・ウニコへの完全移行を強く願っ […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2017年3月11日 東西南北  サンパウロ市交通公社(CET)が9日に、1、2月にチエテ、ピニェイロスの両マルジナルで起きた交通事故の数を発表した。ドリア市政になって自動車の制限速度が緩和されて以来、初めての統計となったが、それによると、死者の出た交通事故はこの2カ月間に102件発生したという。昨年同期は5 […]
  • 東西南北2017年3月31日 東西南北  本日付本紙でも報じているように、サンパウロ市のジョアン・ドリア市長の人気は大統領候補として考慮されるまでに至っている。パラナー・ペスキーザという調査団体の最新アンケートによると、サンパウロ市民の70・3%がドリア市長の市政を好意的に捉えているという。若年層の人気はとりわけ高く […]