ホーム | 日系社会ニュース | NHKクローズアップ現代=デカセギ労働者の孤独死

NHKクローズアップ現代=デカセギ労働者の孤独死

 NHKの人気番組「クローズアップ現代+」で先月27日に、「60代の孤独死 団地の片隅で ~外国人労働者の末路~」と題した番組が放送され、デカセギ30周年目に入った今、祖国に戻れず孤独死した日系ブラジル人の悲惨な現実が反響を呼んでいる。
 愛知県名古屋市の中駒九番団地で、60代の日系ブラジル人労働者が亡くなった。そのうちの1人のアルベルトさんは、30代で訪日し、64歳で生涯を終えた。死因は病死で、死後3週間経ってから発見された。
 もう1人は団地の一角でホームレスをしていたフラビオさん。仕事を失ったが、日本での生活が長くなるにつれ家族との縁も薄くなり帰国できず、60歳で孤独死した。
 番組では、こうした高齢化する外国人労働者の問題や対策、今後の日本の社会がどのように外国人労働者を受け入れるかについて考察している。
 番組の放送は終わったが、NHKのサイト記事(https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4391/index.html)で内容を読むことができる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは2020年9月23日 JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは  最終日にクリーク・アンド・リバー社の松永雄さんが、日本文化として世界で広く普及される「アニメ」を中心にポップカルチャーを紹介。日本だけでなく海外人気も高い「ワンピース」「ナルト」「鬼滅の刃」などでも作品中でリーダーシップについてわかりやすく描かれているそう。スライドに […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(2)2020年9月10日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(2)  戦後に関しては、二世が台頭する1970年代以降にポルトガル語の日系メディアが勃興し、1980年代に全盛を迎える。  皮肉なことにそのメディアによって喚起された日本へのあこがれをいだいてデカセギブームにのって訪日した「ジャポネース(日系人)」たちは、日本で「ブラジル人 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史=(1)2020年9月9日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史=(1) ■はじめに■  この一文は、ブラジル日本移民百周年記念協会の事業として、日本語版百年史編纂委員会(森幸一委員長)から2010年12月に刊行された第3巻『文化編(1)』のために書いた「日系メディア史」を、加筆修正したものだ。  グローバル化する世界が意味することは、か […]
  • 【記者コラム】ポルトガル語の情報発信を強める中国・ロシア勢、貧弱な日本勢2020年8月25日 【記者コラム】ポルトガル語の情報発信を強める中国・ロシア勢、貧弱な日本勢  インターネットにおける日本に関するポルトガル語情報、日本視点から見たアジアや世界のニュースに関する情報発信は欧米勢に比べて実に貧弱だ。  情報収集の重要さは言うまでもないが、それ以上に「どのように情報を発信するか」も大事なはずだが、日本は政府も民間企業も、どこか内向きになっ […]
  • ユニオン三重=「リーマンショック時より深刻」=雇用相談3カ月で700件超え=うち8割が外国人労働者2020年7月8日 ユニオン三重=「リーマンショック時より深刻」=雇用相談3カ月で700件超え=うち8割が外国人労働者  コロナ禍により、事業が縮小化し日本で働く外国人労働者が相次いで「コロナ切り」にあっているというニュースが日本から報道されている。デカセギ達は今どういった現状なのか、在日ブラジル人が多く住む三重県の労働組合ユニオンみえ(三重一般労働組合)の神部紅(じんぶ・あかい)さんに6月末に […]