fbpx
ホーム | 連載 | 2020年 | 新日系コミュニティ構築の鍵を歴史に探る=傑物・下元健吉=その志、気骨、創造心、度胸、闘志=ジャーナリスト 外山脩 | 新日系コミュニティ構築の鍵を歴史に探る=傑物・下元健吉=その志、気骨、創造心、度胸、闘志=ジャーナリスト 外山脩=(8)

新日系コミュニティ構築の鍵を歴史に探る=傑物・下元健吉=その志、気骨、創造心、度胸、闘志=ジャーナリスト 外山脩=(8)

講演する下元(時期不明)

 奇妙ないきさつで理事長になった下元健吉であったが、その運勢は下げ潮に転じた。
 まず、組合経営の采配が乱れ続けた。経営というものに関しては、全く未経験だったのだから、最初から巧く行く筈はないのだが、時期も悪かった。
 1929年10月、ニューヨーク発の世界恐慌が発生、ブラジルにも波及、バタタ(ジャガイモ)の市況まで暴落させたのである。1俵50ミルの高値をつけていた一級品が10ミル台へ‥‥というほどの酷さであった。
 理事長の下元は組合員に出荷停止を指示、市況回復を図った。が、指示は守られなかった。その頃、組合員の多くは、数年続いた好況に気を良くして、プレスタソン(分割払い)でカミニョン(トラック)や営農資材を業者から買い、植付けを増やしていた。
 暴落で、その支払いができず、資産を差し押さえられる者が相次いだ。そのために抜け売りが発生した。抜け売りとは、生産物を組合に出荷せず、こっそり仲買人に売ることをいう。
 下元は、それを食い止めるべく必死になった。が、止まらなかった。違反者を村八分にまでしたが、効果は小さかった。
 コチア産組は危機に陥った。しかも、その最中、下元は夜間、乗用車で走行中、事故を起こし人を一人死なせてしまった。疲れで前方不注意になっていたのだ。1929年末のことである。
 警察に自首、しばらく留置場に居った。流石にガックリしていたという。無論、理事長職は辞任した。

采配、乱れ続ける

 翌1930年も危機は続いた。市況は依然低迷していた上、リオの市場で販売を担当していた職員による巨額の拐帯(編注=人から預かった金や品物を持ち逃げすること)事件が発生したのである。
 組合幹部は必死に捜索、情報提供者への懸賞金付き新聞広告まで出した。が、徒労に終わった。拐帯したのは、下元が理事長時代にその職を任せた男であった。
 1931年、またも奇妙なことが起きた。下元が専務理事に選出されたのである。理事長は別に居たが、経営の采配は彼に任された。拐帯事件の折の理事長としての責任をとれ――という意味もあったろう。
 それと、この難局下、采配を預かる酔狂な人間など、ほかには居なかったのだ。ちなみに経営の実務は、これ以降、専務が切り回すようになる。
 専務を引き受けた下元は足掻きに足掻いた。が、結局、切抜け策はなかった。一切を投げる腹を決め帰宅の途中、彼の支持者の松岡という老人の家へ寄り、こう言った。
 「もうイカン、やめる…」
 静かに聞き終わった老人、その考えが非であることを懇々と諭し、励ました。
 「組合がなければ、百姓は立ち行かん。自分が資金集めの協力をするから、もう一盞(一度)やれ」
 これには、下元は泣き伏したという。
 この老人の奔走、さらには総領事館の口添えもあり、結局、有志の13組合員が特別出資金を醵出、組合は窮地を脱した。ただし、これも前出の元監事によると、村上誠基が陰で動いて13人をまとめたという。(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化2019年2月21日 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化  1月1日から26日までに、一千件を超すデング熱発症の疑われる症例が発生したブラジル北部アクレ州の州都リオ・ブランコは、180日間を期限とする緊急事態宣言を発令したと、20日付ニュースサイトG1が報じた。  蚊の集団発生は90%が住宅内や空き地で起きている。20日付ア […]
  • イベント情報2014年2月8日 イベント情報 ニッケイ新聞 2014年2月8日 【サッカー】 サンパウロ州選手権 第7節 2/9(日) ・パルメイラス対アウダックス(会場:パカエンブー・スタジアム) ・ポンテ・プレッタ対サンパウロ(会場:モイセズ・ルカレッリ・スタジアム) ・モジ・ミリン対コリンチャンス(会場:ロミルドン […]
  • ごあいさつ=華道家元45世=池坊 専永2010年9月3日 ごあいさつ=華道家元45世=池坊 専永 ニッケイ新聞 2010年9月3日付け  華道家元池坊南米支部が設立50周年を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。 […]
  • コラム 樹海2004年4月3日 コラム 樹海   早場米の産地・千葉県の鴨川市では一日に田植えが始まったそうだ。東北で生まれ育ち農作業もひと通りは経験したけれども、五月になると農家の人たちは、猫の手をも借りたいような忙しさになり田植えを迎えたように覚えている。代掻(しろかき)といい牛や馬を使い田の土をきちんとする作業があり […]
  • 電線大手フジクラが合弁会社=プロケーブル社と新工場建設=南大河州で来年稼動開始=ブラジルの需要拡大に応える2013年7月31日 電線大手フジクラが合弁会社=プロケーブル社と新工場建設=南大河州で来年稼動開始=ブラジルの需要拡大に応える ニッケイ新聞 2013年7月24日  電線の大手、株式会社「フジクラ」(東京都江東区、長浜洋一社長)が18日、サンパウロ州ジアデマ市にある送電・通信工事会社「プロケーブル・エネルジア・エ・テレコムニカソインス社」(西村フミタカ社長)と、光複合架空地線(OPGW)等の製造販 […]