ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》プラスチック製使い捨て食器禁止へ=罰金は最大で8千レアル

《サンパウロ市》プラスチック製使い捨て食器禁止へ=罰金は最大で8千レアル

 サンパウロ市議会は7日、市内のバー、ホテル、レストラン、その他の商業施設で、使い捨てのプラスチックコップや食器を使うことを禁じる条例を承認した。8日付現地各紙が報じている。
 これにより、石油化学系合成樹脂のプラスチック製使い捨て食器(ナイフやフォーク、コップ、皿、飲料類を混ぜる棒)は使えなくなり、陶器、金属製、もしくは捨てても自然分解される、とうもろこしなどの天然繊維を使ったものやリサイクル可能なものを使わなくてはならなくなる。
 禁止項目には、膨らませた風船を縛り付ける棒も含まれ、文化・スポーツ系のイベント会場でも影響を受ける。
 同条例は4月に初回の承認を受けており、7日に正式承認された。施行開始日はこの間に、裁可直後から、2021年1月へと変更された。
 施行開始日を遅らせるよう進言したのは、条例案を提出したシェシェウ・トリポリ市議(緑の党・PV)本人だ。同市議は、プラスチック製使い捨てストロー使用を禁じた条例の創案者でもある。「業界が新条例に慣れるまでには一定の期間が必要」というのが、施行を遅らせる理由だ。
 条例によると、初めてプラスチック製品の違反使用が見つかった場合は警告処分で、2回目に見つかると1千レアルの罰金が課される。罰金は違反を重ねるごとに倍増するが、5回目の8千レアルが上限で、6回目は閉鎖処分となる。
 条例はブルーノ・コーヴァス市長(民主社会党・PSDB)の裁可待ちで、取締り方法は今後定める予定だ。コーヴァス市長は裁可に前向きだといわれている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》障害者用の車の販売が急増=割引制度採用で3倍以上に2019年10月26日 《ブラジル》障害者用の車の販売が急増=割引制度採用で3倍以上に  障害または運動制限がある人(PCD)向けの特別仕様の車や、そのような人の世話をする家族や責任者が使うための車の販売数が増えている。  ブラジル支援技術産業、商業及びサービス協会(Abridef)によると、2018年のPCDやその家族に対する新車の販売数は26万4300台で、 […]
  • 《サンパウロ》新築アパートが小型化=ライフスタイルの変化が原因2019年11月12日 《サンパウロ》新築アパートが小型化=ライフスタイルの変化が原因  ここ10年余りで、サンパウロ市の新築アパートの平均面積は27%も縮小した。  ワンルームタイプに限れば、その縮小率はもっと大きくなる。2009年には平均55・7平方メートルだったのが、2019年7月のデータでは33・2平方メートルへと、40・3%も小さくなった。  また、 […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ大統領「20年F1はリオで」と宣言=インテルラゴスで契約済だが2019年5月10日 《ブラジル》ボウソナロ大統領「20年F1はリオで」と宣言=インテルラゴスで契約済だが  ボウソナロ大統領が8日に突如、「2020年以降のF1はリオで開催」と発言し、毎年F1ブラジルGPを主催しているサンパウロ市インテルラゴス・サーキットの関係者が混乱に陥ったと、9日付現地紙が報じている。  事の発端は、8日にボウソナロ大統領が「インテルラゴスは公的資金が入って […]
  • 《サンパウロ大都市圏》フォードと組合で合意成立=工場閉鎖に伴う解雇者支援で2019年5月1日 《サンパウロ大都市圏》フォードと組合で合意成立=工場閉鎖に伴う解雇者支援で  サンパウロ大都市圏ABC地区の金属労組とフォード社が4月30日に、サンベルナルド・ド・カンポ工場の閉鎖に伴う解雇者への支援に関する合意に達した  会社側の説明によると、工場閉鎖に伴って解雇される従業員には、奨励辞任プラン(PDI)に基づく退職金と、心理面のケア、労組協賛で開 […]
  • 《ブラジル医師審議会》遠隔医療決議書の廃止を決定=地方協議会から批判高まり2019年2月26日 《ブラジル医師審議会》遠隔医療決議書の廃止を決定=地方協議会から批判高まり  ブラジル連邦医師審議会(CFM)は22日、今月初旬に自らが出したばかりの遠隔医療決議書を廃止する事を決めたと、22、23日付現地各紙・サイトが報じている。  遠隔医療決議書は、インターネットやTV電話などを使って、医師と患者が直接会う事なしに、問診、検査から手術の実 […]