ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州議会》公務員年金改革2回目の承認=改革免れた軍警、反対派を遮断

《サンパウロ州議会》公務員年金改革2回目の承認=改革免れた軍警、反対派を遮断

 【既報関連】サンパウロ州議会は3日、2度目となる同州公務員の年金制度改革案の審議を行い、賛成59、反対32で承認したと、4日付現地各紙が報じた。
 ジョアン・ドリア知事(民主社会党・PSDB)の進める公務員年金改革に反対する公務員たちは、議会内部への侵入を試みたが、軍警に阻止された。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月28日 東西南北  サンパウロ州政府の規制強化により、少なくとも2月7日まで午後8時から翌朝6時までの商業活動は生活必需のものに限定されている。だが地域によっては、さらに厳しい規制が行われている。内陸部のトゥピ・パウリスタ市(赤レベル)では午後8時以降、朝5時までの外出禁止令が出され、この時間帯 […]
  • 特別寄稿=《ブラジル》疫病は繰り返すものと知る=罹ったら死ぬしかなかった昔=サンパウロ市在住 毛利律子2021年1月28日 特別寄稿=《ブラジル》疫病は繰り返すものと知る=罹ったら死ぬしかなかった昔=サンパウロ市在住 毛利律子 鎌倉時代、狩野派の英一蝶作とされる九相図。小野小町を描く。九想図)とは、屋外にうち捨てられた死体が朽ちていく経過を九段階にわけて描いた仏教絵画。名前の通り、死体の変遷を九の場面にわけて描くもので、死後まもないものに始まり、次第に腐っていき血や肉と化し、獣や鳥に食い荒らされ、 […]
  • 援協60周年記念誌を発刊=伴淳三郎からの手紙も紹介2021年1月28日 援協60周年記念誌を発刊=伴淳三郎からの手紙も紹介  サンパウロ日伯援護協会は先ごろ『援協60年史』を発刊した。同刊では多くの写真を取り入れ「読み飽きさせず、一目でわかる」ようヴィジュアル面を重視し、日ポ両語で制作された。「通常は編纂委員会だけで作られるが、多くの人に参加して頂いた」と60年史編纂委員の園田昭憲実行委員長 […]
  • アジア系コミュニティの今(4)=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=韓国編〈1〉=複雑な子供心「こんな後進国に」2021年1月28日 アジア系コミュニティの今(4)=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=韓国編〈1〉=複雑な子供心「こんな後進国に」  「どうして親たちはブラジルなんかに来たんだろうね。わざわざこんな後進国に」―― サンパウロ州立高校に通う同級生、韓国系二世のキム・サブリナさん(18)と日系二世の大浦聡一郎さん(17)が共に抱く両親への率直な思いである。  「それでいて、ブラジルの文句を言う親の心理 […]
  • ■訃報■本山省三さん=USP教授、移民史料館館長2021年1月28日 ■訃報■本山省三さん=USP教授、移民史料館館長  サンパウロ州立総合大学(USP)教授や科学史センター理事、ブラジル日本移民史料館館長、サンパウロ人文科学研究所理事長を務めた本山省三(もとやま・しょうぞう)さん(二世)が、1月26日(火)午後8時50分頃、自宅で亡くなった。行年81歳。  夕方昼寝をして起きてこない […]