ホーム | ブラジル国内ニュース | ロナウジーニョと兄、1億7千万円で保釈=パラグアイ出国は禁じられる

ロナウジーニョと兄、1億7千万円で保釈=パラグアイ出国は禁じられる

ロナウジーニョ容疑者(中央)と、アシス容疑者(右)(パラグアイ検察)

 パラグアイ司法当局は7日、偽造パスポート使用容疑で、3月6日から1カ月以上同国の刑務所に拘束されていたサッカー元ブラジル代表ロナウジーニョ容疑者と同容疑者の兄、アシス・モレイラ容疑者の保釈を認めた。
 2人は160万ドル(約1億7400万円)の保釈金を支払った。刑務所内での拘束を解かれた2人は、パラグアイの首都アスンシオンにあるホテルに滞在するが、パラグアイからの出国は禁じられている。
 裁判官のグスタヴォ・アマリラ氏によると、ホテル側の責任者は、2人が保釈期間中に滞在することを了承した。
 パラグアイ紙ABC Colorは、「ロナウジーニョ容疑者とアシス容疑者は別々の部屋に滞在する」と伝えている。
 ロナウジーニョ容疑者とアシス容疑者が逮捕拘束された時、同時に他の3人の容疑者も逮捕された。その中には、2人に偽造パスポートを渡したとされる、ブラジル人実業家ウィルモンデス・ソウザ容疑者も含まれている。
 パラグアイの検察官フェデリコ・デルフィーノ氏によると、ロナウジーニョ容疑者とアシス容疑者が知らない内に、2人のパラグアイ帰化手続きも行われていた。デルフィーノ氏はさらに、2人の帰化計画にはパラグアイ人公務員も関わっており、この公務員は2人の帰化を成立させるために必要な書類をパラグアイ移民局に出したとしている。
 パラグアイの公的機関が巻き込まれたことで、この事件のパラグアイ国内での反響は拡大。3月5日には、パラグアイ移民局長官のアレクシス・ペナヨ氏が辞任したが、同氏はその際、ロナウジーニョ事件の解決が遅れていると、パラグアイ内務省を批判した。
 なお、ロナウジーニョ容疑者が勾留中も囚人たちとサッカーに興じていた姿は世界中で報道されていた。(7日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる2020年3月14日 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる  ペルナンブコ州保健局が13日、12日にレシフェ港に着いたクルーズ船の乗客が新型コロナウイルス感染症らしき症状を呈したため、乗客乗員計609人が船ごと隔離状態に置かれたと発表したと13日付現地紙、サイトが報じた。  件の乗客は78歳のカナダ人男性で、心筋梗塞の可能性が […]
  • 《フラメンゴ》早くも国内1冠目=スーパー杯制し、エクアドルに旅立つ2020年2月18日 《フラメンゴ》早くも国内1冠目=スーパー杯制し、エクアドルに旅立つ  昨年のサッカー全国選手権覇者のフラメンゴと、ブラジル杯優勝のアチレチコ・パラナエンセが戦う、スーペルコッパが16日にブラジリアのマネ・ガリンシャスタジアムで行われた。  昨年、全国選手権を独走で制しただけでなく、南米一位の座を争うリベルタドーレス杯でも優勝したフラメ […]
  • ロナウジーニョがパラグアイで事情聴取=偽造パスポート疑惑で2020年3月7日 ロナウジーニョがパラグアイで事情聴取=偽造パスポート疑惑で  4日夜、パラグアイの首都アスンシオンで、サッカーの元名選手ロナウジーニョ・ガウッショが、偽造パスポートや偽の身分証明書を使用した疑惑で宿泊先のホテルで警察に拘束され、事情聴取を受けた。  ロナウジーニョはこの日、商用のため、マネージャーで兄のアシス・モレイラ氏と共に […]
  • 「ブラジル人10万人を殺せ!」=暴言のパラグアイの上議、議席剥奪処分に2019年11月30日 「ブラジル人10万人を殺せ!」=暴言のパラグアイの上議、議席剥奪処分に  「ブラジル人の盗賊10万人をぶっ殺せ!」―。こう叫んで地元パラグアイ警察の警官を殴打したパラグアイの上院議員、パラグアーヨ・クバス・コロメス氏(57)が28日、同国上院で議席剥奪処分を受けた。28、29日付ブラジル各紙・サイトが報じた。  同元上議の発言は、25日に […]
  • 《ブラジル》絶滅危機種の鳥を育成、放鳥=アルゼンチン側の大西洋岸森林帯で2019年12月5日 《ブラジル》絶滅危機種の鳥を育成、放鳥=アルゼンチン側の大西洋岸森林帯で  ブラジルとアルゼンチン、パラグアイの国境が接する三角地帯にあるイタイプー水力発電所の環境班が、絶滅危機種の鳥10羽を放鳥する事を明らかにした。  放鳥されるのは、キジ目のホウカンチョウで、ムツム・デ・ペナッショ(mutum-de-penacho)と呼ばれる種類の鳥の […]