ホーム | コラム | オーリャ! | 検疫中の夜道は気をつけて

検疫中の夜道は気をつけて

 7日、クアレンテーナ(検疫)中の夜7時過ぎ、ブラジルで強盗に遭遇した。合計1年以上生活しているが、初「洗礼」だった。東洋街コンセレイロ・フルタード大通りを一人歩いていると、後方から小さめのダンボール箱を持った20代後半、モレーノ(褐色肌)男性が小走りに追いかけてきて何か言った。

 オーリャ子はポ語が聞きとれず、「あ?」と訊き返した。男は声を震わせながら箱に手を入れガサゴソと音をたて、「この中にARMA(武器)が入っている。金をだせ!」と脅した。
 心の中で怖いという感情より『これが強盗なのか!』という驚きと混乱が広がり、なぜか再度「あ?」と聞き返してしまった。「コイツは言葉が通じないのか」と焦った強盗は、周りを気にして逃げていった。
 幸いなことに特に被害はなく事なきを得た。だがいざ強盗に遭遇してみると、見事に頭が真っ白になることが分かった。外出自粛令下で人通りも少ない。夜道には特に気をつけて。(淀)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは2020年2月11日 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは  二世、三世ら子孫、ブラジル人に「何が日本文化か?」と尋ねられて、ポルトガル語でキチンと説明できる人がどれだけいるだろうか。というか、日本語で説明することも難しいだろう。  いきおい、ポルトガル語をあまり使わないで日本語教育、日本舞踊、書道、お茶、お花、音楽などを熱心 […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]
  • 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を2020年2月4日 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を  日伯修好125周年を記念して、「日伯200周年基金(Fundo de Bicentenario […]
  • 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を2020年1月28日 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を  取材しながら、「日系社会は何を目指しているのか」―そんな疑問を頭に思い浮かべている。  たとえば、リベルダーデ日本広場のイベントで、長崎県人会の青年部があの重たい龍体を振り回して龍踊りを披露しながら玉のような汗を流している姿、レプレーザ文協の皆さんが一糸乱れぬ阿波踊 […]
  • 大耳小耳2020年1月30日 大耳小耳  今週の日曜日は、本紙で確認できているものだけで、5つの県人会が総会を開く。二世以降の県人子弟は両親の出身県が違ったり、県人会内で行われる日本語教室などに参加する関係で複数の県人会活動に関わっていたり、複数の県人会総会に出席する人もいる。総会は役員改選や会計報告など、一年の方針 […]