ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ここのところ連日報じていたように、6日にサンパウロ市でバー、レストラン、美容院が再開された。心配されたのは、開放感と共に人が殺到しないかということだった。だが7日付アゴラ紙の報道だと、再開しても閑散とした状態のバールの写真を写していた。ショッピング・センターのレストラン・エリアでも、再開していない店が予想以上に目立っていた。この日が月曜日だったこと、店側の再開後の方針が定まってないこと、市民に「再開して大丈夫なのか」という警戒心がまだ強いことが重なった結果か。これが週末になるとだいぶ事情も違ってくるとは思うが、いきなり気が緩まなかったのは良いことかも。
     ◎
 サンパウロ市では、コロナウイルスによる死亡者数のペースが落ち始めているという。保健局が行った調査だと、6月18日と同月29日と比較して、市内96地区で死亡者数が20%以上増えたのはセントロのベラ・ヴィスタのみ。前回の調査では、52地区が20%以上増加だった。死者が1人しか増えなかった地区も4つあったという。市が外出自粛の緩和に動いている根拠はこうしたことか。もちろん、油断はできないが、暗いニュースの多い中、うれしいニュースではある。
     ◎
 年中温かいイメージのあるペルナンブッコ州で7日、気温が13度と、この時期の平均より4度低い温度を記録したという。これと同じ日に、極寒で有名なシベリアでは37度を記録したとの報道が。1日だけだと「こんな日もある」ということだろうが、こういう日が続くようだと、温暖化問題より「異常気象」の方を心配しないといけないか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》遠隔授業で国内外の生徒獲得?=コロナ禍での予期せぬ副産物2021年4月21日 《ブラジル》遠隔授業で国内外の生徒獲得?=コロナ禍での予期せぬ副産物  新型コロナのパンデミックで対面授業ができず、学力が低下する生徒などが出る一方、遠隔授業の恩恵を満喫している生徒や学校もある。  サンパウロ大都市圏サンタナ・ド・パライバ市の私立校の新入生のダミアン君(7)は、2千キロ以上離れたボリビアのサンタクルス・デ・ラ・シエラ市 […]
  • 《ブラジル》連邦地裁判事=「早期治療は大統領の政治発言」=キット薬死亡事件を市警が捜査=批判高まる政権のコロナ対策2021年4月21日 《ブラジル》連邦地裁判事=「早期治療は大統領の政治発言」=キット薬死亡事件を市警が捜査=批判高まる政権のコロナ対策  14日、連邦地裁判事が「薬効が証明されていない薬品を使った早期治療推奨は大統領による政治発言」との判断を下すなど、コロナ禍をより深刻化させたとして連邦政府が推奨する「コロナ感染症キット」への批判が高まっている。また、決定的な治療法を欠くコロナ感染症に対し、国家衛生監督 […]
  • 《サンパウロ州》バス運転手や慢性病患者もワクチン接種へ=期待より早い入院数や死者減少2021年4月21日 《サンパウロ州》バス運転手や慢性病患者もワクチン接種へ=期待より早い入院数や死者減少  サンパウロ州政府は20日、コロナワクチン接種に関する最新日程を発表。5月からは、慢性の持病を持っている人や電車やバスの職員への接種もはじめられることになった。20日付現地サイトが報じている。  サンパウロ州は19日に、5月11日からサンパウロ市内地下鉄、CPTMの職 […]
  • 東西南北2021年4月21日 東西南北  今日21日は「チラデンテスの日」で国民の祝日。だが今年の場合、少し事情がややこしい。それは、3月26日から4月4日に大型連休「フェリアドン」を採用した大サンパウロ都市圏の自治体の中に、チラデンテスを前倒し使用した市があったためだ。一部の報道機関は、サンパウロ市などもチラデンテ […]
  • 《ブラジル》零細・小企業が62万超誕生=コロナ禍での生き残りをかけて2021年4月20日 《ブラジル》零細・小企業が62万超誕生=コロナ禍での生き残りをかけて  零細・小企業支援サービス機関(Sebrae)によると、20年は62万6883の零細・小企業が誕生した。内53万5126(85%)は零細企業、9万1757は小企業だった。  零細企業の内2万398は事務所関連または経営支援のサービス、1万6786は衣類やアクセサリーの […]