ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》補欠上議が暴露=大統領選中にボウソナロ家捜査機密が漏洩

《ブラジル》補欠上議が暴露=大統領選中にボウソナロ家捜査機密が漏洩

マリーニョ氏(Lula Marques)

 ボウソナロ大統領一家との親密な関係で知られていた企業家のパウロ・マリーニョ氏が、「2018年の大統領選の際、長男フラヴィオ上議(当時はリオ州議)の捜査が連警ではじまろうとしていたが、フラヴィオ氏に事前に知らされ、捜査が延期されていた」との暴露を行った。セルジオ・モロ前法相の訴えた、大統領による連邦警察の捜査干渉や人事介入疑惑に、新たな疑惑が加わることになった。17日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ