ホーム | ブラジル国内ニュース | リオで違法公道レース取り締まり=ポルシェ911など高級車22台押収

リオで違法公道レース取り締まり=ポルシェ911など高級車22台押収

4月のレースで起きた事故の現場(28日付G1サイトの記事の一部)

 連邦道路警察とリオ州市警が28日、高級車による違法自動車レースを摘発する「パーティー・イズ・オーバー作戦」を実施したと同日付現地サイトが報じた。
 24件の家宅捜索令状を手にした警官は、国内には9台しかなく時価200万レアルのポルシェ911GT3RSなどの高級車22台を押収した。
 捜査の対象となったのは、「ラッシャ」と呼ばれる公道レースを行っていたグループ。リオ市南部のバーラ・ダ・チジュッカ区で自動車販売店を営んでいる企業家と弁護士の2人は、銃の不法所持で現行犯逮捕された。
 捜査の対象には、レース車を改造する修理工場「通称ツナージェン」も含まれ、市警に連行された経営者達が事情聴取を受けた。車の改造には、エンジンの出力を上げたり、外装を替えたりする作業が含まれる。

 今回の摘発捜査は、4月26日に国道40号線で起きた事故がきっかけで始まった。その事故は、26台によるレースの最中に1台が転倒したもの。事故車の運転手は免許を持っていなかったため、現場から逃走。事故を起こした車も警察が来る前にグループが撤去した。
 だが、連邦道路警察はグループがSNSに上げた映像を解析し、同日午前9時にリオ市南部のガソリンスタンドに集まったグループが、ペトロポリス市に向かう最中に高速で危険な運転を繰り返してレースを行った事や参加した車などを突き止めていた。
 連邦警察によると、逮捕者の一人は賭博師の息子の共同経営者で、他の犯罪に関与した容疑での逮捕歴があるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ=元市議が複数殺害に関与?=マリエレ市議や民兵トップら2020年9月10日 リオ=元市議が複数殺害に関与?=マリエレ市議や民兵トップら  リオ市警とリオ州検察局は9日、2014年に起きたミリシア殺害事件に関して、元リオ市議のクリスチアーノ・ジロン氏と、マリエレ・フランコ元リオ市議殺害事件の実行犯として逮捕されているロニー・レッサ容疑者とつながりのある人物の家宅捜査を行った。  今回の捜査は、ファベーラ […]
  • 東西南北2020年8月5日 東西南北  外出自粛規制が緩和されつつある昨今のサンパウロ市だが、そこにシクロヴィア(自転車専用道)の使用が加わりつつある。3日、シクロヴィアの中でも特に有名なマルジナル・ピニェイロス沿いが再開された。繁華街のピニェイロスから、オフィス街のベリーニ、南部の交通の中継地のサントアマーロなど […]
  • 《リオのカーニバル》「ワクチン無しなら開催不可」=主要サンバチームが強く主張2020年7月16日 《リオのカーニバル》「ワクチン無しなら開催不可」=主要サンバチームが強く主張  リオのカーニバルに参加するスペシャル・グループに属するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)から「コロナウイルスのワクチンが開発されない状態なら、パレードはできない」との意見があがっているという。15日付伯字サイトが報じている。  これは14日、リオのカーニバルを主 […]
  • 《リオ》大型私兵組織リーダー逮捕=大統領長男との気になる関係=マリエレ事件に関与も2020年7月1日 《リオ》大型私兵組織リーダー逮捕=大統領長男との気になる関係=マリエレ事件に関与も  リオ市で6月30日朝、州検察局と市警合同による捜査が行われ、「犯罪オフィス(エスクリトリオ・ド・クリーミ)」と呼ばれる暗殺請負集団が逮捕された。このグループは、リオ市のミリシア(私兵組織)の大物でボルソナロ大統領長男フラヴィオ上議とも親交が深かったアドリアーノ・ノブレ […]
  • 《ブラジル》マリエレ事件殺害犯の協力者を逮捕=「大統領一家は無関係」と市警2020年6月11日 《ブラジル》マリエレ事件殺害犯の協力者を逮捕=「大統領一家は無関係」と市警  2018年3月に起きたマリエレ・フランコ・リオ市議と運転手アンデルソン・ゴメス氏殺害事件に関し、実行犯が犯行に使った銃器を預かっていた容疑で、消防士のマクスウェル・シモンエス・コレア容疑者(通称スエル、44)がリオ市で10日朝逮捕された。市警は同事件へのボルソナロ大統 […]