ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》インフル予防接種全員に拡大=希望者は最寄り保健所で

《サンパウロ州》インフル予防接種全員に拡大=希望者は最寄り保健所で

 サンパウロ州政府は3月からインフルエンザ予防接種を始めていたが、今月から対象が全員に拡大したので、誰でも接種できるようになった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ》サッカー州選手権が22日再開=決勝戦開催は8月8日に2020年7月9日 《サンパウロ》サッカー州選手権が22日再開=決勝戦開催は8月8日に  サンパウロ州政府は8日午後に記者会見し、サッカーのサンパウロ州選手権を22日から再開することを発表した。8日付現地サイトが報じている。  今回の再開の発表は、州政府とサンパウロ州サッカー連盟(FPF)が共同で行ったもの。同選手権はコロナウイルスの感染拡大を受け、3月 […]
  • 《ブラジル》売れ残りの食べ物の寄付認める=貧困者やホームレス援助の意味で2020年6月26日 《ブラジル》売れ残りの食べ物の寄付認める=貧困者やホームレス援助の意味で  ボウソナロ大統領が24日未明、バールやレストランなどが客に供するために用意したが、売れ残った食べ物を寄付するというプロジェクトを承認し、同日付連邦官報に掲載した。  寄付の対象となる食べ物は、賞味期限内でまだ傷んでいない事、包装などの衛生基準を満たしている事などが条 […]
  • パラナ州ロンドリーナ市編=自粛生活の心がけを聞く「コロナより空襲の方が怖かった」2020年6月9日 パラナ州ロンドリーナ市編=自粛生活の心がけを聞く「コロナより空襲の方が怖かった」  「コロナに対する怖さは、戦時中の日本での生活に比べたら平気です。いつ爆弾が降るかわからないあの恐怖は、言葉で表せません。それでも、この自粛生活はストレスが溜まりますね」―大戦中を熊本県で過ごした帰伯二世、パラナ州ロンドリーナ市在住の汎熊本県人会元会長中川芳則さん(92 […]
  • ■訃報■元サンパウロ新聞デスク 笹井宏次朗さんが死去2020年4月14日 ■訃報■元サンパウロ新聞デスク 笹井宏次朗さんが死去  サンパウロ新聞元編集次長(デスク)で、ジャーナリストの笹井宏次朗(ささい・こうじろう)さんが9日午後6時ごろ、胃ガン手術後の出血多量により、入院先のサンパウロ市内病院で亡くなった。享年67。東京都出身。  笹井さんは1980年に渡伯。同年から2002年6月までサンパ […]
  • コロナ感染=ついに東洋街でも犠牲者=食材店「東亜」店主が死亡2020年4月8日 コロナ感染=ついに東洋街でも犠牲者=食材店「東亜」店主が死亡  サンパウロ市役所関係者によれば、リベルダーデ日本広場にある台湾系の食材店「東亜食品公司」の店主が、コロナウイスル感染症の悪化により、4日(土)に亡くなった。  フランスから帰国した店主の従兄弟が感染者だったらしく、2週間の検疫期間を置かずに、彼の歓迎会を店主のシャッ […]