ホーム | ブラジル国内ニュース | コロナ禍=世界の飢餓死48%増予想=格差社会ブラジルでも懸念

コロナ禍=世界の飢餓死48%増予想=格差社会ブラジルでも懸念

ゼロハンガープロジェクトのパンフレットを持つ元FAO理事のホセ・グラツィアーノ氏(Fotos: Ricardo Stuckert)

 国際協力団体オックスファム(Oxfam)は国連のデータに基づき、2020年内に世界の飢餓による死亡者数が1日あたり3万7千人に達し、48%増になるとの予測を8日に発表したと9日付エスタード紙が報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ