ホーム | 日系社会ニュース | 日伯協会=池田育嗣氏が理事長就任=7年務めた三野哲治氏退任

日伯協会=池田育嗣氏が理事長就任=7年務めた三野哲治氏退任

池田育嗣新理事長

池田育嗣新理事長

 一般財団法人日伯協会(兵庫県神戸市)で7年間理事長を務めた三野哲治(みの・てつじ)さんが6月25日付で退任し、池田育嗣(いくじ)さん(住友ゴム工業取締役会長)が8代目理事長に就任した。
 池田氏は、三野前理事長と同じく住友ゴム工業株式会社の出身で現在会長を務めており、ブラジル事情にも明るいという。日伯協会は神戸市の「海外移住と文化交流センター」内の「移住ミュージアム」の運営を任されており、移住の歴史を後世に伝える活動と共にポルトガル語講座や中南米に関するイベントを開催している。
 同協会は1926年創立で、日本最古のブラジル関連団体。同交流センターの建物は1928年に「国立移民収容所」として建設されたもので、長年にわたって移民らがブラジルなどへ出発する前に事前講習などをした宿泊した施設。
 新理事就任に際し、池田会長は「ブラジルの文化、経済交流の更なる発展に尽力してまいります」と意気込みを語り、日本とブラジルの交流促進のために幅広い事業や活動を展開していく予定だという。

image_print

こちらの記事もどうぞ