ホーム | 日系社会ニュース | 全伯俳句大会を紙上開催=流派を超えた参加呼びかけ

全伯俳句大会を紙上開催=流派を超えた参加呼びかけ

来社した鈴木文子さん(左)と串間いつえさん(右)

来社した鈴木文子さん(左)と串間いつえさん(右)

 ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)が主催する「第11回全伯俳句大会」が作品を募集している。例年8月に文協で開催され、遠方からの参加も得ている同大会。今回はコロナ禍のために「紙上」大会という形での開催となる。

 大会告知のために来社した実行委員の鈴木文子さんと串間いつえさんは、「初心者も気軽にどんどん応募して欲しい」とし、流派に関係なく幅広い投句を呼びかけている。自宅待機生活を綴ったもの、コロナ禍に関する作品なども多数寄せられそうだ。

 初心者が俳句を作る際のコツをたずねると「季語はひとつに抑えた方が良い」と口を揃える。2つになるとどちらが主題か分りづらく、ぼやけてしまうのだという。

 募集要項は次の通り

▼季語「春季一切」▼未発表作品のみで1人5句まで▼締め切り=9月31日必着。

 各流派からの選者12人が優秀作品を選び、特選者にはメダルが贈呈される。11月14日に表彰式がオンライン上で開催される予定。文協にも投句用紙があり、直接提出することができる。本紙の3面に掲載した投句用紙を切り抜いて書き込み、文協宛てに郵送してもよい。メールでの投句も可能。

 問合わせは同協会窓口、担当海老澤千佳(電話=11・3208・1755、site@bunkyo.org.br)Rua São Joaquim, 381, Liberdade, CEP 01508-900, São Paulo, SP

大耳小耳 コラム

    ◎

 「作句をしていると季節の移ろいに敏感になる」-そう串間さんと鈴木さんは述べた。旅行などしても風景をじっくり楽しむためか「俳句をしている人は大体一番後ろをついてく」と鈴木さんは笑みを浮かべる。最近では「コロナ」に関する句も目立つという。初心者の人も身構えず、自分の生活の周りから感じとったものを5・7・5に落とし込んでみてはどうだろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》商業界信頼感指数がコロナ前並に=緊急援助金減額に不安感も2020年9月26日 《ブラジル》商業界信頼感指数がコロナ前並に=緊急援助金減額に不安感も  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が24日、9月の商業界信頼感指数は5カ月連続で上昇して99・6ポイントとなり、新型コロナの感染拡大前の水準に戻ったと発表したと同日付現地紙サイトが報じた。  同指数は、外出自粛の段階的緩和が始まった5月以降、徐々に回復している。9 […]
  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボウソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボウソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]
  • 特別寄稿=ありあんさ通信31号=歴史から消されたアリアンサ(協同)の地、ここにあり=わが友、マサカツのこと=東京都在住 木村 快2020年9月26日 特別寄稿=ありあんさ通信31号=歴史から消されたアリアンサ(協同)の地、ここにあり=わが友、マサカツのこと=東京都在住 木村 快  2020年5月28日、ブラジル・サンパウロ州ミランドポリス市アリアンサ地区のユバ農場で暮らしていた「マサカツ」こと、矢崎正勝が天国へ旅立ったとの知らせを受けた。享年76歳。  1978年以来続けてきたぼくの〈ブラジル移民史〉調査は、ほとんどマサカツが資料を集め、助言 […]
  • 北海道=若手大活躍で800食販売!=中心担う次世代の青年ら=県費留学生が独自アプリ開発2020年9月26日 北海道=若手大活躍で800食販売!=中心担う次世代の青年ら=県費留学生が独自アプリ開発  「コロナ禍にも関わらず、各方面から50人もボランティアが集まりました。人は宝だと改めて感じさせられましたね」――ブラジル北海道文化福祉協会の大沼宣信会長(のりのぶ)(二世・72歳)は、そう嬉しそうに語った。既報の高知県人会や滋賀県人会のイベントに続き、北海道協会でも9 […]
  • 《ブラジル》マナウスで集団免疫が出来た?=献血者の血液分析から推定2020年9月25日 《ブラジル》マナウスで集団免疫が出来た?=献血者の血液分析から推定  ブラジル北部アマゾナス州マナウス市で行われた調査で、同市では既に新型コロナウイルスに対する集団免疫が出来ている可能性がある事を示唆する結果が出た。  注目の調査結果は21日にオンライン上で発表されたが、専門家などによる検証を受ける必要があり、科学雑誌にはまだ掲載され […]