ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》組合員が300万人減少=テメル時代の労働法改正で

《ブラジル》組合員が300万人減少=テメル時代の労働法改正で

 労働法が改正されて以降、組合員が300万人減少したと26日付現地サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ