ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》組合員が300万人減少=テメル時代の労働法改正で

《ブラジル》組合員が300万人減少=テメル時代の労働法改正で

 労働法が改正されて以降、組合員が300万人減少したと26日付現地サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 青年隊定期総会2005年1月21日 青年隊定期総会 1月21日(金) […]
  • コラム オーリャ!2005年4月23日 コラム オーリャ!  ポンペイアの細梅鶴孫さんの句。「スシメンと言ふは異人よ鮪ずし」。日本人が外国に来ているのだから、日本人のほうが異人だろうとの解釈もあるが、俳句の世界では異人は非日系人。ワサビを全く利かさない寿司を握ったりする。 […]
  • ◇コラム 樹海2006年8月3日 ◇コラム 樹海 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(32)2016年7月6日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(32)  今野さんが「あそう、実は俺はバンコ(銀行)に少しばかり借りがある。これを明後日までに返えさないと、後の融資を受けられなくなる。三日で良いから貸してくれないか。必ず三日目には返す」と頼む。「ああ仕方ない。必ず近い内に返して貰えますね」と念を押し、「幾らぐらいですか」と訊ねた。「 […]
  • コラム 樹海2005年6月9日 コラム 樹海 […]