ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》組合員が300万人減少=テメル時代の労働法改正で

《ブラジル》組合員が300万人減少=テメル時代の労働法改正で

 労働法が改正されて以降、組合員が300万人減少したと26日付現地サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2008年10月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年10月30日付け […]
  • サンパウロ州沿岸部=有毒な煙が大量発生=コンテナ浸水で化学反応=100人超が中毒症状2016年1月16日 サンパウロ州沿岸部=有毒な煙が大量発生=コンテナ浸水で化学反応=100人超が中毒症状  サンパウロ州沿岸部、サントス湾東岸のグアルジャー市の貨物集積場で14日午後3時過ぎ、化学物質が入ったコンテナに雨水が浸み込んで化学反応が起き、火災と共に有毒な煙が大量発生する事故が起きたと15日付伯字各紙、サイトが報じた。 煙は近隣のサントス、サンヴィセンテ、プライア・グラン […]
  • コラム オーリャ!2010年3月18日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2010年3月18日付け  コラム子の陋屋の電気が突然切られた。ブラジルは何事ものんびりしているが、こういう事はやたらに早い。  感心している場合ではない。調べてみると、08年の5月分が未納だという。 […]
  • 《ブラジル》アマゾン森林火災に国際的批判強まる=緊急対策でG7召集へ=ボウソナロ政権は当初反発も=世論に押され対策会議2019年8月24日 《ブラジル》アマゾン森林火災に国際的批判強まる=緊急対策でG7召集へ=ボウソナロ政権は当初反発も=世論に押され対策会議  【既報関連】アマゾンでの森林伐採の増加と森林火災の拡大、ボウソナロ大統領の非政府団体(NGO)犯人発言への批判が、21日以降、世界的な話題となっている。連邦政府は当初、それに対して反発の意を示していたが、22日には緊急会議を行い、対策に向けて動きはじめた。23日付現地 […]
  • 大耳小耳2013年1月11日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年1月11日付け  本紙掲載の寄稿を受けて即座に行動を起こした「希望の家」「こどものその」の2団体。もちろん初期段階の対応の悪さは褒められたものではないが、素直に批判を受け入れ、反省と謝罪の意を示した。ちなみに「こどものその」に寄稿の内容を伝えたのは、希望 […]